イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,577、パスタのレシピ数は1585。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ブロッコリーのパスタ オレキエッテ

   

イタリアン料理レシピ
セミドライトマトを
たっぷりと使いました
とてもおいしセミドライトマトです
ブロッコリーのグリーンセミ銅鑼とトマトの赤
彩りが楽しめます
パスタは
オレキエッテ(小さな耳たぶ)を使います
ブロッコリーのパスタ オレキエッテ
IMG_2927IMG_2928
ホトトギス
イタリア料理に使用する食材2人分










パスタ オレキエッテ140g
ブロッコリー300g
にんにく1片
ペペロンチーノ1本
:オリーブオイル45cc
アンチョビーフィレ2枚
セミドライトマト>4枚
岩塩適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

【88イタリア社】オレキエッテ 500g
オレキエッテとは
小さな耳たぶの意味です
耳たぶの形をしています
2012年、「88 ITALIA」は
FOODEX JAPAN 2012「イタリア館」に出展し
彼ら自身の予想を上回る注目を得ました。

フレッシュドライトマト香草オイル漬け【250g】
トスカーナ産/カーザ・ロンバルディー社製:珍しい冷蔵品!
イタリアントマト(ローマ種)を
使っております。
で肉厚!!!!!!
超肉厚のセミドライトマトなんです。
セミドライタイプなので、
乾燥をさせる事により肉質が変化して、
甘味は楽しめるのですがなかなか
ブニャっていう食感を楽しめなかったりするんです。
でもこれは違うんです。
ブニャっていう肉質が残っていて、
甘味があるんです。
しかも、通常瓶入りだったりするのですが、
冷蔵輸入されフレッシュ品として
ご案内出来るまさにフルーツ!
丸ごと1個、口を大きく開けてパクリっ!って、
いってしまう程、旨いです

イタリア・フレスコバルディ侯爵家のEXVオリーブオイル 500ml
イタリアトスカーナ生まれの
フレスコバルディ・ラウデミオは、
さわやかで初々しい味と香りを持ち、
品質ともに満足していただける逸品です。

スペイン産 高級アンチョビ!95g瓶入り
スペイン・カンタブリコ海で
水揚げされたカタクチイワシを、
昔ながらの手作りで加工した
オルティス社のアンチョビフィレ。
フィレ(骨や皮を取り除いた肩身)の部分を
樽の中で6ヶ月以上寝かせながら
発酵させているので
イワシの風味が引き出され、
身も柔らかいながらしっかりしています。


イタリア料理レシピ手順
1.にんにくは
  縦に二等分し中の芯の芽の部分を
  綺麗に取りだします
  微塵切りにします
2.ペペロンチーノは
  手で二つに折り中の種を振るい落とします
3.ブロッコリーは
  子房に分けておきます
4.セミドライトマトは
  縦に1cm幅にカットします
5.フライパンに
  オリーブオイルを入れ
  にんにく・ペペロンチーノをくわえて
  弱火で丁寧に炒めます
6.にんにくの
  香りが十分に立ってきたら
  アンチョビーをくわえて
  木べらでつぶし溶かし混ぜ合わせます
7.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  ブロッコリーも一緒にいれ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
8.フライパンに
  セミドライトマトをくわえ
  絡めソースにします
9.パスタが
  茹であがったら水気を切って
  フライパンに入れパスタの茹で汁60ccをくわえ
  ソースを絡めます
10.食器に盛り付け
   ブラックペパーを振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
イタリアン料理レシピ ・パスタ
 

こちらにもクリックよろしくお願いします

イタリアン料理レシピ ・パスタ
オレキエッテ 関連
イタリアン料理レシピ
*****パンドニのパスタ オレキエッテ ブロッコリー
プーリアの名産品パスタ オレキエッテ
しかもパンドニの彩りがきれいな多食のパスタを
使って見ます
色彩は手可燃素材のもので色出しをしており
完全無農薬のパスタです
ブロッコリーのペーストとブロッコリー
そしてパスタの彩りがすごくきれいな
パスタ料理です
*****鶏ひき肉のクリームラグー オレッキエッテ
楽しいオレキエッテ ショートパスタを使用します、
Padonni(パドンニ)の彩り豊かなパスタを
お楽しみいただけます、
鶏のひき肉を生クリームであえてソースを作ります、
彩りが豊かなバスタが浮かび上がり目でも楽しめます、
*****春の豆のパスタオレキエッテ ボッタルガ風味
春の緑色の豆のパスタです
ウスイエンドウ・そらまめ・スナップエンドウを使います
アンチョビーの風味と
ボッタルガ(ぼらのたまご・日本ではからすみ)の
粉末をたっぷり振り掛けます
パスタは耳たぶの形をしたオレキエッテを使います

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. yuko より:

    本当にブロッコリーの緑とセミドライトマトの赤が彩り美しい一皿ですね
    彩りだけでなくセミドライトマトのコクと旨みが加わりおいしそうな一皿です
    素敵なレシピありがとうございます

  2. siawasekun より:

    ブロッコリーのパスタ オレキエッテ、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    いつも、拙い私のブログを見て、嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮です。
    応援ポチ♪♪(全)

  3. らるむ。 より:

    おはようございます。
    料理は彩りも大事ですよね^^
    ブロッコリーを使ったパスタが大好きなので、思わず喉が鳴ってしまいました(笑)
    応援☆☆

  4. おはようございます。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のパスタも魅力的ですね!!
    とても美味しそうです。
    ブロッコリーの持ち味を活かした素敵なパスタですね!!
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  5. kazuyoo60 より:

    ホトトギスですね。残り花だって1つ1つ、良い表情してますよね。
    イラスト、カラフルで美味しそうです。
    生のトマトを一昨日買ってきました。近くの農家から仕入れてるのか、スーパーには並ばない品が手ごろで売られる時があります。私が作ったら、スーパーに並ぶような品はまず出来ませんから。(笑い)

  6. ぴよ より:

    おはようございます。
    ブロッコリーの緑色に、
    セミドライトマトの赤味の
    色合いが、とても鮮やかに
    目に浮かんできました。
    旬のブロッコリーに、
    セミドライトマトの深い甘味が、
    とても、おいしそう♪♪♪です。
    応援☆ポチッ

  7. jugon より:

    ryuji s1さん、こんにちは
    ホトトギス、綺麗ですね。
    ブロッコリにアンチョビはよく作りますが・・・そうですね!セミドライトマトを入れたら、味わいも深くなって彩りも綺麗ですね~。今度、作ってみます。
    ryuji s1さん、いつも素敵なレシピをありがとうございます。
    コメントも嬉しいです。

  8. Rune より:

    セミドライトマトをたっぷりと使い
    ブロッコリーのグリーンセミ銅鑼との
    彩りが楽しめ、
    パスタはオレキエッテ(小さな耳たぶ)を使用ですね!
    こちらにも小さなオリキエッテがあるので購入したくなりました!
    季節野菜を美味しく頂ける
    素敵な例sぴを有難うございました。

  9. misya より:

    こんばんは♪
    おお、可愛らしい1皿♪
    セミドライトマトの赤い色とブロッコリーの緑色♪
    そして耳たぶの形の小さなパスタ♪
    ころころと♪
    クリスマスにも良いですね♪
    ぱーっと華やかでとっても美味しそうです♪

  10. イヴォンヌ より:

    セミドライトマトとブロッコリーにかわいいパスタ美味しそうですね~♪

コメントを残す

  関連記事

名古屋コーチンもも肉とジャガイモのソテー ローズマリー風味
水郷鶏もも肉のソテー ジャガイモ添え
パスタ リングイネ アンチョビーとコラトゥーラ・ガルム
なすのマリネ ケッパー風味
パスタ キタッラ アスパラとブロッコリー ラルド・ディ・コンテナータ
牛フィレ肉のロースト バルサミコとゴルゴンゾーラソース
パスタ スパゲッティ 真鯛とボッタルガ
イチゴのスープ ブッラータ乗せ ミントソースかけ
パスタ スパゲッティ タケノコ パンチェッタ
イチジクと鴨のパスタ カッペリーニ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。