イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,579、パスタのレシピ数は1586。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ミニトマト・サルシッチャ・トロペア風味 パスタ リングイネ

   

イタリアン料理レシピ
***トロペア
2千年以上前から
この地で栽培されるといわれる、
カラブリア州トロペアの名産、楕円形の赤玉ねぎ。
通常の玉ねぎと比べて非常に甘みが強いのが特徴です。
****ペコリーノ・トスカーノ スタジオナートチーズは
ペコリーノ・ロマーノより優しい味です
クリーミーでしかも生の羊乳の香りが漂い
素晴らしいコクも楽しめます
そのままきーカットして食べてもおいしいです   
***サルシッチャは
サルシッチャはイタリア語で
直訳すると腸詰めという意味です
通常生ソーセージを言います
***パスタは
リングイネ(スズメの舌)断面が
スズメの舌に似ているところから
付けられた名前です
ミニトマト・サルシッチャ・トロペア風味 パスタ リングイネ
IMG_2969IMG_2970
ドウダンの紅葉
イタリア料理に使用する食材2人分














パスタ リングイネ< /TD>140g
サルシッチャ200g
ミニトマト10個4本
オリーブオイル40cc
トロペアのペースト60g
トロペアのペースト材料
トロペア6個
オリーブオイル100cc
にんにく2片
ペコリーノ・トスカーノ スタジオナート60g
バジルの葉6枚
岩塩適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

【アンティカ・ロッカ パスタ】リングイネ 500g/Linguine
ゆで時間 7分
小麦本来の味を引き出すため、
ゆっくり時間をかけて
低温乾燥で仕上げています
生パスタ同様のもっちりとした
食感がお楽しみください。

トロペア 生食用赤たまねぎ
イタリアのフレッシュ野菜
イタリアの野菜 「不定貫」トロペア 
生食用赤たまねぎ1Kg不定貫

ペコリーノ・トスカーノ スタジオナート (蔵) 約500g
ペコリーノ トスカーノは熟成のチーズです。
トスカーナ州でつくられる
羊乳のチーズ【ペコリーノ トスカーノ】は
6世紀ごろには文献に登場する
歴史あるチーズです。
4ヶ月異常熟成
羊乳のコクや旨味はぐっと増し、
トリュフに似た香りも感じられるようになります
羊のミルクは脂肪分もタンパク質も
糖質もどれも牛乳に比べると
多く含まれているため、
濃厚な味わいであることが特徴です。

イタリア・フレスコバルディ侯爵家のEXVオリーブオイル 500ml
イタリアトスカーナ生まれの
フレスコバルディ・ラウデミオは、
さわやかで初々しい味と香りを持ち、
品質ともに満足していただける逸品です。


で丁寧に炒めます
  焦げ付かないように木べらで鍋底を
  こすげながら炒め続けます
  40分間ぐらい炒め続け
  水分をしっかり飛ばし飴色にします
  密閉出来る容器に入れておきます
2.サルシッチャは
  皮を取りのぞき
  中の身の部分を2cmの幅にカットします
3.ペコリーノ・トスカーノ スタジオナートは
  すり下ろしておきます
4.ミニトマトは
  へたを取り除き
  縦に二等分にします
5.にんにくは
  縦に二等分し中の芯の芽を綺麗にとります
  微塵切りにします
6.パスタパンに
  お湯を2リットルに野菜のブロード500ccを加え
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
7.フライパンに
  オリーブオイルを入れにんにくを加えて
  弱火で丁寧に炒めます
8.サルシッチャを
  加えてチュ火で炒めます
9.ミニトマトを
  入れ炒めます
10.パスタが
   茹であがる2分前に
   パスタの茹で汁60ccを加え
   混ぜ合わせソースにします
11.茹であがったパスタの
   水気を切りフライパンに入れ
   バジルを加えて混ぜ合わせます
12.食器に盛り付け
   ペコリーノ・トスカーノ スタジオナートチーズを
   振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

四面 チーズ卸器 大 108×82×H237

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
イタリアン料理レシピ ・パスタ
 

こちらにもクリックよろしくお願いします

イタリアン料理レシピ ・パスタ
チーズ パスタ関連
イタリアン料理レシピ
*****クリームチーズ ベルパエーゼのパスタ フェデリーニ
イタリアン料理レシピ
クリームチーズ ベルパエーゼとは
イタリア産のセミハードタイプチーズ
「ベルパエーゼ」をベースに、
クリーミーなフレッシュチーズに仕上げたのが
『クリーム ベルパエーゼ』です。
イタリア語で”美しい土地”という意味を持つ
ベルパエーゼは、
世界中で模倣品が作られるほどの人気チーズとなりました。
口当たりがやわらかく、
わずかな酸味がアクセントとなって幅広く愛されています。
そのペルパエーゼを、さらになめらかに、
まるでデザートのように食べられるように
改良されたのがこの『クリーム ベルパエーゼ』で、
ペースト状にやわらかく、
なめらかな食感が魅力で、
バターのようなコクがあります。
元となったチーズが持つ爽やかさを損なうことなく、
より食べやすく仕上げられたチーズなのです
パスタは細めのフェデリーニ1.4mmを使いました
パスタの上に生のマッシュルームのスライスを載せます
生のマッシュルームの食感を楽しめます
彩りとしてイタリアンパセリを飾ります
*****カチョエペペ(cacio e pepe)パスタ スパゲッティ
イタリア料理レシピ
ローマのパスタ料理 チーズ(カチョ)と胡椒(ペペ)の
簡単パスタです
チーズはペコリーノロマーノをたっぷり使います
ブラックペパーは粗くタタキつぶしたものを使い
香りとピリ辛が素敵です
パスタは太めのスパゲッティを使います
パスタに細い傷が一杯ついていて
ソースの絡みがいいパスタです
*****ペコリーノ・トスカーノ スタジオナートの パスタ スパゲッティ
イタリアン料理レシピ
ペコリーノ・トスカーノ スタジオナートチーズは
ペコリーノ・ロマーノより優しい味です
クリーミーでしかも生の羊乳の香りが漂い
素晴らしいコクも楽しめます
そのままきーカットして食べてもおいしいです
このチーズをたっっぷりと使った
シンプルなパスタです
セージバターの香りと
粗挽きのブラックペパーが
良く合います
特に野菜のブロードを加え
鰺に麻呂や活を持たせています
パスタはスパゲッティを使いました
*****パスタ タリアテッレ フォンデュータソース
イタリア料理レシピ
●イタリア北部の“山のチーズ”
イタリア北西端のヴァレ・ダオスタ州は
山を越えるとフランス・スイスとも
近い山岳地帯です。
この一帯は「フォンティーナ」と
呼ばれていて、
この地で最も有名なチーズも
『フォンティーナ』と
名付けられています。
13世紀ごろから作られていたと
言われている歴史のあるチーズで、
セミハードタイプに分類されますが、
フランスやスイスの山岳地帯で、
冬の保存食として作られた
大型のハードチーズのような
外見を持つ、まさに“山のチーズ”です。
このチーズで
イタリア版フォンデュ
イタリア版の「フォンデュータ」
が作られます
これを
メインにしてパスタのソースを作ります
*****カチョカヴァッロチーズのアンチョビーソース
イタリア料理レシピ
カチョカヴァッロチーズとは
もともと南イタリアで造られているチーズで、
「カチョ」はチーズ、「カバッロ」は馬を意味します。
くびれに紐をかけて棒の左右に吊るして6日程熟成乾燥。
乳白色から、冷蔵庫の中で熟成させる
と淡黄色へと変わります。
若いうちは微かな甘みがあり、
熟成が進むにつれて酸味のきいた深いコクが
ゆっくりと主張してきます。
1センチぐらいにスライスして、
そのままでもお召し上がり頂けますが、
フライパンで軽く焼いてから、
オリーブオイルと胡椒をふって
バケットにのせて
食べるとさらに美味しさが増します!
アンチョビーが良く合います
原材料はスペイン・カンタブリコ海で
水揚げされたカタクチイワシ。
新鮮なイワシから骨や皮を取り除いてフィレにし、
樽の中で6ヶ月以上も寝かせて発酵させています。
肉厚の身はやわらかく引き締まっていて、
お口の中で深い旨味がじーんとひろがります。
素晴らしいアンチョビーです

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. Sakulanbo より:

    こんにちは
    トロペアって初めて聞きました。
    ミニトマトとサルシッチャと合わせた
    リングィネ、おいしそうですね。

  2. kazuyoo60 より:

    お宅様にドウダンツツジなのですね。綺麗な赤です。
    赤玉ねぎは年に1回食べるかどうかです。そんなに甘いのがあるのですね。甘さは人が好みのトップとは聞いてますが。

  3. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪
    へ~ 2000年以上も前から?
    すごい~
    玉ねぎもいろいろ種類があるんですね~
    今日も美味しそうなパスタです~
    貴重な玉ねぎ 高級感漂いますね^^

  4. misya より:

    こんにちは♪
    イタリアの赤玉ねぎのことをトロペアというのですね^^
    甘いのですね~美味しそう♪
    それにしてもお色が鮮やかですね~♪
    サルシッチャと合わせて濃厚なリングイネ♪
    とっても美味しそうです♪

  5. puffpuff より:

    玉ねぎもいろいろあるんですね。
    名前からとっても甘そう!とろとろで…
    ドウダンツツジ、見事な紅葉ですね。
    真っ青な空にとてもきれいです。

  6. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のパスタも魅力的ですね!!
    素材の組み合わせ方が勉強になります。
    とても美味しそうです!!
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  7. jugon より:

    ryuji s1さん、こんにちは
    ドウダンツツジの葉が鮮やかですね。
    紫色の玉ねぎのトロペアは生でも綺麗で美味しそうです。
    炒めた時に普通の玉ねぎと、どんなふうに違いますか?
    パスタの茹で汁にもブロードを入れて、ちょっと勿体ない気もしますが、パスタは随分美味しくなるのでしょうね。
    いつも珍しい食材とレシピをありがとうございます。

  8. Rune より:

    先日、友人からサルッチャのレシピを教えたばかりですが、流石です!こんなに専門的な知識もなく、自分が恥ずかしい気持ちでいっぱいです。
    これからもいろいろと教えてください!
    トロペアというのははじめて知りました。覚えておかなくては!

  9. tamakiti より:

    赤い玉ねぎって珍しいですよね?
    剥くと同じなのかな?
    子供の頃玉ねぎって苦手だったけど
    今は好きです。

  10. TWINS より:

    こんばんは~
    今日のメニューは想像できません。
    ryujiさんのレシピの奥深さを感じます!
    ありがとうございます(^^)

コメントを残す

  関連記事

コールドラッシュのヤングコーンのロースト コラトゥーラ風味
芽キャベツのアーモンド入りのパン粉がけ
ラム骨付きすじ肉の赤ワイン煮
甘エビとメロンスープ
フレッシュトマトと水牛リコッタチーズ パスタ リングイネ
ヘーゼルナッツの パスタ リングイネ
スペアリブとひよこ豆のミネストローネ
しらうおpesce di ghiaccioのガーリック炒め バルサミコソース
パスタ キタッラ ほうれん草とリコッタチーズソース
パスタ スパゲッティ フレッシュトマト オレガノ風味
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。