イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,689、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

マグロのカマ 頬肉のパスタ リングイネ

   

イタリアン料理レシピ
マグロの風味が強いカマの部位・頬肉をローストして
粗くきざみます
それに
綺麗に裏漉しされたトマトソースを加え
塩漬けのケッパーの風味
ブラックオリーブの風味を加えます
大人の味のパスタです
パスタはリングイネを使います
マグロのカマ 頬肉のパスタ リングイネ
IMG_3009IMG_3010
チェリーセージ
イタリア料理に使用する食材2人分





















パスタ リングイネ /TD>140g
マグロのカマ500g
マグロの頬肉100g
にんにく2片
:ペペロンチーノ2本
たまねぎ1/4個
白ワイン60cc
:塩漬けケッパー40粒
ブラックオリーブ6個
トマトソース120cc
海塩マグロの総量の1% 6g
ミントの葉12枚
トマトソース食材
ホールトマト1缶(400g)
にんにく1片
たまねぎ1/2個
バジルの葉4枚+4枚
ホワイトペパー適量
岩塩適量
オリーブオイル40cc

イタリア料理に使用する食材

南まぐろカマ1kg!
スーパーなどではお目にかかれない
南まぐろのカマを限定使用!

この大変貴重なマグロの頬肉が400g(3枚~4枚)入りで
貴重なマグロ頬肉の中から
鮮度の良いものを選びました。
お肉のような食感でさまざまな料理に大変身!

アルドイノ ブラックオリーブ 塩水漬け タジャスケ 400g
厳選されたイタリア・西リグーリア産の
オリーブを使用したオリーブ塩漬け(塩水漬け)です。
上品な風味が特徴。伝統的な製法により、
塩と水のみで漬け込むことでオリーブ本来の味を
引き出しています。

イナウディ ケッパー塩漬け 75g
粒ぞろいのケーパーを塩漬けにしました。
アクアパッツァやサラダ、またはパスタに
加えて彩りと香り高い風味をお楽しみいただけます。

キリストの涙 ラクリマクリスティ イタリアワイン イタリア産 ワイン 白 DOC
やや辛口 カンパーニャ州 南イタリア ナポリ料理
南イタリアワインラクリマクリスティ
Lacryma Christi キリストの涙
(La cryma Christiラクリマクリスティー)
南イタリア白ワイン 06608サングレゴリオ DOC カンパーニャ州

赤唐辛子 (ペペロンチーノ)
ペペロンチーノとは
イタリア語で唐辛子の意。
唐辛子は細かくする程辛さが増します
お料理に合わせてお使い下さい。

アンナリサ (アナリサ) サンマルツァーノDOP 4号缶 400g
ナポリ近郊の
サレルノ・ノチェーラ平原一帯を里とする、
サンマルツァーノ種のトマトは、
ベスビオ火山質の土壌と
地中海より降り注ぐ
強烈な風と日差しに育まれ、
本国イタリアでも
入手が困難なほど希少な品種です。
その、水分の少なさと果肉の多さは、
ソースになった時に、
他種と比べ3割程度の量の違いと
なってあらわれます。
口に残る種も少なく、
出来上がりも滑らかでコクがあり、
まろやかさと味の深みを感じることが出来ます。

イブロン500ml ミケーレ・コスタンツォ エキストラバージンオリーブオイル
イタリア、シチリア産
☆幻のオリーブオイル☆

イタリア産シチリアの海塩(フィーノ 細粒タイプ)500g
イタリアンシーソルト
(Sale Marino di Trapani,Integrale Fino
サーレ・インテグラーレ・フィーノ)
シチリアのトラパニで
昔ながらの天下干しで
採取された無精製(インテグラーレ)の
細粒(フィーノ)タイプの海塩です。
岩塩と比べても、コクがあり、
溶けやすく、少量ですむので経済的。
あらゆるお料理の味付けにどうぞ。
塩本来の旨みが素材の味を引き立て、
また少量でよいのでとても経済的です。


イタリア料理レシピ手順
*****最初にトマトソースを作ります
1.バジルの葉4枚は
  手で3つにちぎります
2.にんにくは
  縦に二等分し中の芽の部分を
  きれいに取ります
3.たまねぎは
  繊維に沿って出来るだけ
  薄くスライスします
4.ホールトマトは
  ボウルにあけ手でホールを
  つぶして置きます
5.ソースパンに
  オリーブオイル40ccを入れ
  にんにくを加えて弱火で丁寧に炒めます
  にんにくの香りが立ってきたら
  たまねぎを加え弱火で丁寧に炒め続けます
  たまねぎが透明になってきたら
6.ホールトマトを入れ
  木べらでホールトマトをつぶしながら
  中火で煮込みます
  沸騰したら弱火に戻し
  バジルの葉を入れます
  40分間煮込みます
  塩・ホワイトペパーで味を調えます
7.あら熱が取れたら
  裏ごし器で裏ごしします
  なめらかでコクのある
  トマトソースができあがります
7.にんにくは
  縦に二等分し中の芽の部分を
  きれいに取ります
  包丁の腹などで叩きつぶします
9.たまねぎは
  繊維に沿って出来るだけ
  薄くスライスします
10.ペペロンチーノは
    へたをカットし中の種を
    振るい落とします
11.ブラックオーブは
   種抜き器でたねを取り除きます 
12.マグロのカマ500gに
   塩を5g振りかけ
   180℃に熱したオーブンに入れ
   1時間ローストします
   白ワインを4回ぐらい振りかけます
   取り出し熱が取れたら
   スプーンなどで身をこそげ取り出します
13.マグロの頬肉は
   塩を1g振りかけます
   マグロのカマと同時にオーブンに入れ
   白ワインを振りかけます
   20分間ローストしたら取り出し
   粗微塵にします
14.パスタパンに
   お湯を
   沸騰させ塩を水量の1%を加えます
   パスタを入れ茹でます
   パスタのゆで時間は
   袋に表示されてある時間より
   2分間短めに茹で上げます
   仕上がり時にアルデンテを
   お楽しみ頂けます
15.フライパンに
   オリーブオイルを入れ
   にんにく・ペペロンチーノを加え
   弱火で丁寧に炒めます
   にんにくの香りが立ってきたら
   にんにくとペペロンチーノは取り出します
   たまねぎを加え炒めます
16.白ワインを
   注ぎ入れ強火にしてアルコール分を
   飛ばします
17.ケッパーに
   ついている余分な塩を叩き落として
   フライパンに入れます
18.トマトソース
   加えます
19.マグロのカマ・頬肉を
   入れます
20.パスタが
   茹であがったら
   パスタの水気を切りフライパンに入れ
   ソースを絡めます
21.食器に盛りつけ
   ミントの葉散らし飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

オリーブの種抜き機  オリーブストーナー

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
イタリアン料理レシピ ・パスタ
 

こちらにもクリックよろしくお願いします

イタリアン料理レシピ ・パスタ
まぐろ 関連
イタリアン料理レシピ
*****まぐろとほうれん草のパスタ ペンネッテ
パスタ ペンネッテは
普通のペンネより細くできています
マグロの赤身はあまり火を通さずに
暖めた感覚で仕上げます
ほうれん草もさっと湯がいて
その後は軽く火を通すだけに押さえ
ほうれん草の甘みと綺麗な色を堪能します
*****まぐろとミントのパスタ リングイネ ガルム風味
マグロの赤身部分をたっぷりと
ガルムの風味を加えて
裏漉ししたトマトソースを使いました
塩漬けケッパーの香りと塩気が味に深みわ持たせてくれます
ミント香りをたっぷり盛り込んだパン粉が
たまりません
パスタはリングイネを使いました
*****マグロとラーファノ(西洋わさび)のパスタ スパゲッテーニ
rafanoラーファノとは
イタリア語で西洋わさびのことです
フレッシュホースラディッシュとして
一般に知られています
自然の山でとれた西洋わさびは
風味が強く美味しいものです
その辛さを卵黄で優しくします
マグロと合わせて頂きます
ディルで香り付けをします
パスタは細めのスパゲッテーニを使います
*****マグロのタルタル ハーブ風味 オリーブオイル アンチョビー
マグロの赤身をたたいてタルタルを作ります、
ハーブの香りが一杯のイタリア料理の味付けです、
生臭さがハーブの力で消し味わい深くワインが
おいしくいただけます、
*****マグロのとろとアボガドのパスタ コンキリオーニ
コンキリエ(イタリア語: conchiglie )とは
「貝殻」を意味し、
パスタの形状の中で貝殻の形をしたものを指す。
コンキリエは複数形で、
単数形はコンキリア (conchiglia)。
大型の物はコンキリオーニ (conchiglioni) 、
小さなものはコンキリエッテ (conchigliette) と呼ばれる。
その形状を生かして、
コンキリエの中に小さな具が入るような
料理法を取ることが多い。
コンキリオーニには具を詰めることもある。

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. ton より:

    こんばんは。
    コメントありがとうございました。
    本格的なパスタ、美味しそうですね☆
    まぐろのカマを使用するという発想が素敵だと思います。
    ケッパーもトマトも好きなのでそそられるレシピです。

  2. らるむ。 より:

    こんばんは。
    マグロのカマは脂がのってるのでほぐすとツナみたいになりますね。
    トマトソースと合わさって絶対に美味しい~(≧∇≦)
    ケッパーは必須ですね♪
    応援☆☆

  3. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪
    本当にいろいろなパスタが^^
    来るたび驚きと興味と 見た目にそそられます。
    美味しそうです~
    >いつもありがとうございます^^

  4. イヴォンヌ より:

    マグロのカマにトマトソースおいしそうなパスタですね~♪

  5. フェリーチェ より:

    いつもすごく勉強になります(^^)/
    まぐろのカマは、塩焼きでしか食べたことなかったので、食べてみたくなりました♪

  6. kazuyoo60 より:

    チェリーセージ、冷たい露を受けてるようですね。
    マグロのカマなんて、並んでるのを見たことがありません。
    ごく小さい時に台車に乗ったマグロを見て仰天したのを思い出しました。解体ショーは何度か見ていますが、柵で売ったり、旅先では刺身になって配られたりでした。

  7. おはようございます。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    マグロのカマを美味しく頂ける素敵なお料理ですね!!
    とても美味しそうです!!
    私も作ってみたくなりました。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  8. りこった より:

    マグロのかま、大好きです!
    ケッパーの酸味が良く合いそうですね!
    作ってみたいです!

  9. Sakulanbo より:

    こんにちは
    ローストしたマグロのカマと頬肉のパスタですか。おいしそうですね。食べてみたいです。

  10. siawasekun より:

    マグロのカマ 頬肉のパスタ リングイネ、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    いつも、あたたかいコメント&応援ポチに、心より、恐縮、深謝です。
    応援ポチ♪♪(全)

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

サンマのカルパッチョ フェンネルソース
パスタ スバベッティーニ 白桃と生ハム ブッラータ
スパゲッティ 鶏のレバーペースト 添え カルボナーラ
だだちゃ豆のパンナコッタ アングレーズソース
ほうれん草の発酵バター炒め
パスタ タリアテッレ 新ジャガイモのヒューレー パンチェッタ
パスタ スパゲッティ ボッタルガ
パスタ リングイネ タケノコのソテー ボッタルガ添え
パスタ リングイネ 豚フィレ肉のクリームソース
パスタ タリアッテレ 仔牛のレバー
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。