イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,578、パスタのレシピ数は1585。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

豚のほほ肉・肩ロースのラグーパスタ キタッラ

   

イタリアン料理レシピ
豚肩ロース・ほほ肉を1時間ほど 煮込みます
鶏のブロード・白ワイン・
トマトホール・香味野菜の炒め
味に深みを持たせます
たっぷりの肉の風味がソースと相まって
美味しいパスタソースが出来あがります
パスタはキタッラを使いました
豚のほほ肉・肩ロースのラグーパスタ キタッラ
IMG_3005IMG_3006
パイナップルセージ
イタリア料理に使用する食材2人分



















パスタ キタッラ /TD>140g
豚肩ロース200g
豚のほほ肉100g
パンチェッタ80g
:オリーブオイル80cc
たまねぎ1/4個
にんじん1/6本
:セロリ1/4本
白ワイン(辛口)60cc
牛乳100cc
トマトホール缶400cc1缶
鶏のブロード300cc
ローズマリー2枝
セージの葉2枚
パルミジャーノ50g
バジルの葉形の良いもの2セット
岩塩3g+10g
ブラックペパー3g

イタリア料理に使用する食材

Pasta Mancini社 キタッラ2.0mm 500gボックス
もう一皿食べたくなるパスタ・・・。
小麦の旨味・甘味を実感でき、
モチモチとしながらもコシのある食感。
四角い断面のキタッラですが、
茹であがると丸みを帯びます。
デュラム小麦の持つ優れた旨味を実感できます。
日本の軟水で茹でても、
コシがあり簡単にのびることはございません。
冷めても美味しいパスタです。

福岡県産豚肩ロース100g/国産
お好みでカットいたします

豚かしら肉(ほほ肉)1kg
国産豚肉!
豚のかしらと呼ばれる中では最高級のほほ肉のみです

パンチェッタ 250g ヴィラーニ
豚のばら肉を開いたまま
塩漬けにしてから熟成した製品で
本格的な味わいです。
まろやかな味わいで、
カットしてパスタやリゾットの
具として楽しめます

イタリア・フレスコバルディ侯爵家のEXVオリーブオイル 500ml
イタリアトスカーナ生まれの
フレスコバルディ・ラウデミオは、
さわやかで初々しい味と香りを持ち、
品質ともに満足していただける逸品です。

アンナリサ (アナリサ) サンマルツァーノDOP 4号缶 400g
ナポリ近郊の
サレルノ・ノチェーラ平原一帯を里とする、
サンマルツァーノ種のトマトは、
ベスビオ火山質の土壌と
地中海より降り注ぐ
強烈な風と日差しに育まれ、
本国イタリアでも
入手が困難なほど希少な品種です。
その、水分の少なさと果肉の多さは、
ソースになった時に、
他種と比べ3割程度の量の違いと
なってあらわれます。
口に残る種も少なく、
出来上がりも滑らかでコクがあり、
まろやかさと味の深みを感じることが出来ます。

キスコ:冷凍ブイヨン【1kg】
丁寧にアクや脂を取り除き、
くせのない味に仕上げた濃縮タイプ。
新鮮な野菜と鶏の旨味のバランスが絶妙で、
評価の高いブイヨンです。

パルミジャーノ・レッジャーノ 500g  24ヶ月熟成D.O.P 
名前はエミリア・ロマーニャ州の
パルマとレッジョ・エミリア地域で
作られたことに由来しており、
今でも同じ地域、同じ材料、
伝統的な製法で職人が手作りしています。
弟分といわれるグラナパダーノと比較すると、
生産地域、製法、牛の飼料などにより
厳しい基準が設けられています。
24ヶ月もの長い熟成期間を経て、
厳しい基準に合格したもののみ側面に
保証マークの刻印が押されます。


イタリア料理レシピ手順
1.パルミジャーノは
  すり下ろしておきます
2.たねねぎ・にんじん・セロリは
  粗く刻みます
3.パンチェッタは
  粗く刻みます
4.豚肩ロース・豚ほほ肉は
  1cm角のダイス状にカットします
  塩3gを振りかけます
5.ソースパンに
  オリーブオイルを入れ
  たまねぎ・にんじん・セロリ
  粗みじんを入れ弱火で丁寧に炒めます
  野菜に透明感が出て芯菜りしてきたら
  豚肩ロース・ほほ肉を加え中火で炒めます
6.白ワインを入れ
  強火でアルコール分を飛ばします
7.牛乳・鶏のブロード・トマトホール缶の中身すべて
  塩10g・ブラックペパー・ローズマリー・セージを加え
  蓋を閉めて180℃に熱したオーブンに入れ
  1時間ほど煮込みます
8.パスタパンに
  たっぷりのお湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
9.フライパンに
  ソースパンのソースを移し入れます
  弱火で暖めパスタのゆであがりを待ちます
10.パスタが
   茹であがったらパスタの水気を切り
   フライパンに入れソースを絡めます
11.食器に盛り付け
   パルミジャーノを振りかけ
   上にバジルの葉を飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

四面 チーズ卸器 大 108×82×H237

フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
イタリアン料理レシピ ・パスタ
 

こちらにもクリックよろしくお願いします

イタリアン料理レシピ ・パスタ
豚肉 関連
イタリアン料理レシピ
*****豚バラ肉のラグーとキャベツのパスタ ペンネ・リガーテ
豚バラ肉は
たっぷりの塩・ブラックペパーを塗り混み
ローズマリーを6枝のせ
しっかりサランラップで包み密閉し
一晩冷蔵庫に入れ手おきます
マリネした豚肉の塩・ブラックペパーを
洗い流し1cm角にカットして炒め使います
豚肉の風味がすごいです
キャベツと合わせパスタはペンネ・リガーテを使います
ソースの絡みが素晴らしいです
*****Arista (イタリア フィレンツェの豚のロースト)
既にフィレンツェ名物として
一般的に食べられていた、
豚肉の料理です
この料理を食べながら、ギリシャの司教が
当時のギリシャ語で
Aristos(絶品だ)と呟きます
イタリア人たちは、
この料理がギリシャ語でAristosと呼ぶのかと勘違いして
それ以来、
アリスタと呼ぶようになったそうです。
フィレンツェの名物料理、arista(アリスタ)
セージとローズマリーをの香りを付けます
豚肉はスペインのイベリコ豚の最高品を
使いました
肉にまんべんなくさしが入っていて
まろやかな味と風味が楽しめます
余計な脂身はカットしてあります
*****豚肉とさやいんげんのパスタ スパゲッティ
豚もも肉といんげんの組み合わせです
国産レモンの皮をすり下ろし使います
柑橘の香りと風味があっさりとしていて食が進みます
暑い日に最適です
パスタはスパゲッティを使います
*****骨付き豚ロースのラグー パスタ バッパルデッレ
パスタ パッパルデッレ(Pappardelle)
平打ちパスタ
幅8mm
平打ちパスタの中でも幅の広いパスタです
濃厚なソースに良く合います
しかも麺は食べ応えがあります
骨付きの豚ロースを使います
骨と肉の間の旨みがソースに溶け込んで
素晴らしい味が期待できます
赤ワインとフォンドボー
イタリア語ではスーゴ・ディ・カルネといいます
これを合わせローズマリーの甘い香りが
たまりません
ぜひお楽しみください
*****豚肉・リンゴ・梨・パンチェッタ・生ソーセージの煮込み
豚糧肉のブロックをりんご・洋なしを入れ煮込みます、
豚肉とフルーツは相性がすごい良いのでふくよかなフルーツの
香り移り美味しくなります、
イタリアの仁摩ソーセージ・パンチェッタを加え
風味に奥行きを出します、
秋らしくキノコを加えました、
有機ハーブ リンデンフラワーを入れ優しい香りを付けます、

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. siawasekun より:

    豚のほほ肉・肩ロースのラグーパスタ キタッラ、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    いつも、拙い私のブログを見て、嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮、深謝です。
    応援ポチ♪♪(全)

  2. はーい♪にゃん太のママ より:

    おはようございます
    いつも温かいコメントをありがとうございます
    今日のお料理もとても魅力的ですね
    ほお肉がいいですね~
    パスタもまた食べたくなるパスタですね~
    ありがとうございます

  3. amabilis より:

    ryuji_s1さん、おはようございます。
    いつも美味しいレシピとブログへのコメントありがとうございます。
    ポークのラグーパスタ
    深みのあるソースでとても美味しそうです!
    ほほ肉は高級食材なので入手できるか分かりませんが
    作っていただきたいです。

  4. tamakiti より:

    美味そうっす~♪
    イラストもきれい。
    ハーブとか色々入ってるのね。

  5. kazuyoo60 より:

    パイナップルセージが元気ですね。加温なさってるのかな?。先日の苗は生きてますが来春咲けば良い方だと思っています。
    ご馳走ですね。牛や豚の部位の名前、殆ど知りません。

  6. ぴよ より:

    こんにちは。
    温かいコメントを寄せてくださいまして、
    ありがとうございます。
    とても、嬉しいです。
    豚肉の頬肉と肩肉の
    2種類を使ったラグー!!
    セージやローズマリーの香りに、
    ジューシーな豚肉が楽しめて、
    絶品のラグーですね。
    とっても、おいしそう♪♪♪です。

  7. puffpuff より:

    ハーブも入っているんですね~。
    美味しいパスタがたべた~いです!

  8. ぱお より:

    わ~~ryujiさんとってもおしいそうですね~
    豚のほほ肉と肩ロース2種類のお肉で作るのですね~
    1時間煮込んでとろとろなのでしょうね。
    わ~~~~絶対に食べたいでです(^^♪
    クリスマスにもぴったりですね。
    ryujiさんに作っていただきたいわ~(^^♪

  9. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪
    今日も美味しそうな1品です^^
    沖縄は豚肉文化ですが
    豚かしら肉って食べたことないかも?
    柔らかそうなお肉ですね。
    >いつもありがとうございます。

  10. ぴよこ より:

    こんにちは
    お肉がたっぷりで、
    おいしそうなパスタですね。
    食べてみたいです。
    応援☆

  11. misya より:

    こんばんは♪
    おおお、鶏のブロード、沢山のスパイス、そして厳選された食材、豚のほほ肉♪
    煮込むほどに味に深みが出て^^
    とっても美味しそうですね♪
    食べてみたいです~普通のパスタが食べれなくなりそうですね(笑)

  12. イヴォンヌ より:

    豚のほお肉と肩ロースのパスタボリュームあっておいしそうですね~♪

  13. らるむ。 より:

    こんばんは。
    豚ほほ肉おいしそうですねぇw(*゚o゚*)w
    スーパーでは買えない部位だし、メニューにあったら頼んでしまうと思います。
    クリスマス料理にも良さそうですね♪
    応援☆☆

  14. アダマス より:

    こんばんは
    キタッラですか!初めて見るパスタです。
    豚のほほ肉・肩ロースのラグーパスタ 高級なお料理、おもてなしに良さそう、
    一度、食べてみたいです。

  15. ton より:

    こんばんは。
    豚のほほ肉のパスタ美味しそうですね。
    豚肉とさやいんげんのパスタ、レモンの皮をすりおろして…..なんて、日本のお料理でもゆずの皮をすりおろして頂いたりするので同じようなことをするんだなと、お料理って面白いなんて思いました。
    色々学べます。ありがとうございます。

コメントを残す

  関連記事

鴨ロースのロースト 空豆のソース
パスタ スパゲティ 小カブのグリル ボッタルガ風味
パスタ カンデーレ 豚肩ロースのラグー リコッタチーズ
新タマネギとアンチョビーのソースパスタ キタッラ
そらまめ ペコリーノ・トスカーナ バルサミコ風味
パスタ カッペリーニ かんきつと甘エピ
パスタ リングイネ アーティチョーク ペコリーノロマーノ風味
ブリのカルパッチョ
仔羊骨付き背肉のカッチャトーラ
ブロッコリーのアンチョビー風味
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。