イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,636、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

菜の花と牡蛎のリゾット

      2014/12/18

イタリアン料理レシピ
イタリアでは日本の菜の花に似た野菜
チーマ・ディラーを使います
背のタケが高い野菜です
ここでは菜の花で代用しました
牡蛎の風味が出るよう牡蛎の半量の中身が
溶け出すようにしています
残りの牡蛎は姿のままで使い
飾りもなります
魚のブロードを使い味に深みを持たせています
また
アンチョビーの風味が味に奥行きを与えています
米ははイタリアのリゾット専用の米を使います
菜の花と牡蛎のリゾット
IMG_3104IMG_3105
ストック
イタリア料理に使用する食材2人分

菜の花1束
牡蛎12個
イタリア米160g
アンチョビーフィレ6枚
にんにく40cc

魚のブロード400cc
オリーブオイル60cc
岩塩適量
ブラックペパー適量

イタリア料理レシピ手順

有機栽培リーゾ・カルナローリ1年熟成(リゾット米/イタリア米)【1kg缶】
イタリア米 リゾット Risotto
ヴェルチェーリ産:アクエレッロ社製・有機栽培

菜の花1袋(200g)別名:花菜(はなな)
露地栽培だから栄養抜群!
千葉県館山産

宮城県奥松島産 むき身牡蠣 500g 【生食用】生牡蠣 かき カキ
ブランド牡蠣!
知る人ぞ知る牡蠣の名産地の奥松島!!
別格の磯の香り、旨味を満喫して下さい!!

手造り味が違います!スペイン産 高級アンチョビ!95g瓶入り オルティス社
スペイン・カンタブリコ海で
水揚げされたカタクチイワシを、
昔ながらの手作りで加工した
オルティス社のアンチョビフィレ。
フィレ(骨や皮を取り除いた肩身)の
部分を樽の中で6ヶ月以上寝かせながら
発酵させているのでイワシの風味が引き出され、
身も柔らかいながらしっかりしています。

キスコ:HCQフュメドポワソン【1kg】
各地の港で水揚げされた
良質な舌平目と鯛を使用し、
みずみずしい野菜を加えて
さっと煮出したフュメ ド ポアソンは、
魚特有の臭みがなくクリアですっきりとした味わい。
【原材料】
白身魚(鯛・舌平目)・
野菜(玉葱・セロリ・マッシュルーム・パセリ)・
白ワイン・オリーブ油・食塩・香辛料

イブロン500ml ミケーレ・コスタンツォ エキストラバージンオリーブオイル
イタリア、シチリア産
さまざまな料理に合いますが、
そのフレッシュさ、力強さ、
なおかつ繊細な香味は野菜料理、
とりわけトマト料理に抜群の相性を見せます。
イタリア料理レシピ手順
1.菜の花は
  ソースパンにたっぷりのお湯を
  沸騰させお湯の量の1%の塩を加え
  菜の花を入れ湯がきます
  ざるにあけ見場ヶをしっかり切ります
  ペーパータオルで包み込み水気を吸い取ります
  5mm幅にカットします
  茹で汁はとっておき400ccを使います
2.にんにくは
  縦に二等分し中の芽を取り除きます
  微塵切りにします
3.アンチョビーは
  細かく砕いておきます
4.牡蛎は
  流水で洗い流します
  ペーパータオルで水気を拭き取ります
  牡蛎の半量6個は4等分にします
5.フライパンに
  オリーブオイルを入れ
  にんにくを加えて弱火でいためます
6.アンチョビーフィレを加え
  菜の花を加えます
7.イタリア米を加えて中火で炒め
  オリーブオイルを全体に皮膜になる様にします
8.菜の花の茹で汁400cc・魚のブロード400ccを加え
  中火手煮込みます
9.一度沸騰させ
  火に戻して弱火にして牡蛎のすべてを入れます
10.食器に盛り付けます
イタリア料理に使用する調理器具

ダイヤモンドリナー[糸状にもけずれます] チーズおろし

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト スーププレート 24cm
リゾット 関連
*****グリーンアスパラのリゾット カステルマーニョチーズ風味
*****春の香りの リゾット
*****ラディッキオ タルティーボのリゾット
******冷たいリゾット風 ミルク煮込み イチゴ添え
*****リゾット パルミジャーノ

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. siawasekun より:

    菜の花と牡蛎のリゾット、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    昨日も、コメント&応援ポチに、心より、恐縮、恐縮、深謝、深謝、深謝です。
    応援ポチ♪♪(全)

  2. きりまり より:

    おはようございます!!
    リゾット!大好きです。
    牡蠣の半分を潰すって凄いアイディアですね。。
    コク旨間違いなし!!
    菜の花の緑と相まって美しい美味しいリゾットの完成デスね\(^o^)/

  3. kazuyoo60 より:

    綺麗な色です。元気なストックですね。先日久しぶりに食べた牡蠣、美味しかったです。
    菜の花の軽い苦みと合わせたら、春の味ですね。また買おうかな?。花は無いけれど、霜当たりした菜っ葉はありますから。

  4. puffpuff より:

    春を感じるお料理ですね!
    牡蠣の旨みが贅沢っ!
    ストック、可愛くて華やかですね。

  5. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    とても美味しそうですね!!
    これからの季節にいいですね!!
    リゾット好きにはたまらないですね!!
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  6. 超姉 より:

    こんにちわ~
    ブログにまでコメントありがとうございます。
    お無沙汰しちゃってごめんなさい。
    旬の牡蠣と菜の花の組み合わせいいですね~
    海のミルクの牡蠣大好きです^^

  7. RUNE より:

    イタリアでは日本の菜の花に似た野菜、チーマ・ディラーは初めてです。
    菜の花で代用でも美味しそうです。
    牡蛎の風味が溶け出すようにして、
    残りの牡蛎は姿のままで使いが素晴らしいですね☆
    アンチョビーの味に奥行きを与えているとは、最高です☆
    イタリアのリゾット専用の米は美味しいですよね。味を想像しただけでもおいしそうでたまりません!

  8. misya より:

    こんばんは♪
    おお、春ですね~♪
    菜の花♪
    牡蠣と一緒に・・冬から春へ^^
    今の季節にぴったりなリゾット♪
    これは絶対美味しいですよね♪
    アンチョビの塩気もアクセント・・♪
    食べてみたいです。

  9. patapataokan より:

    牡蠣、大好きです。
    菜の花も入って春の装いでいですね(^^
    ストック、香りがいいので大好きです♪

  10. ぴよこ より:

    こんにちは
    菜の花と牡蠣のリゾットおいしそうですね。
    食べたいです。
    応援☆

  11. イヴォンヌ より:

    菜の花と牡蠣最高においしそうな組み合わせのリゾットですね♪

  12. らるむ。 より:

    こんばんは
    ストックがキレイに咲いてますね^^
    冬の味覚牡蠣と春の菜の花の融合ですね。
    菜の花のほろ苦さに牡蠣のうま味がマッチしそうですね♪
    応援☆☆

  13. アダマス より:

    こんばんは
    イタリア米、初めて知りました。
    いつも珍しい食材の紹介、
    とても楽しみです。牡蠣を贅沢に使ったお料理、美味しそうです。

  14. ぴよ より:

    こんばんは。
    ほろ苦い春野菜の菜の花と、
    海の幸☆牡蠣が、コラボの一皿!!
    菜の花の色が、とっても優美…と
    感じました。
    魚のブロードを使っているので、
    海の恵が牡蠣と共に満喫できて、
    とても、おいしそう♪♪♪です。
    応援☆ポチッ

  15. ソフィー より:

    この間はご訪問ありがとうございました。大寒を過ぎれば、後は春へ向かうのみ。そんな時に、冬の牡蠣と春を感じさせる菜の花が融合したリゾットのレシピ、素敵ですね。

コメントを残す

  関連記事

無塩発酵バターのパスタ スピノジーニ 白トリュフ風味
さやいんげんの 生ハム添え
パスタ フェットチーネ たまご麺 マッシュルームクリームソース
そらまめと生ハムのマリネ
いわしのマリネ ガルム風味
パスタ タリアッテレ バジルソース パルミジャーノのせ
パスタ リングイネ 黒マイタケのヨーグルトソース
あさりの冷製スープ
パスタ リガトーニロマーノ かぼちゃとゴルゴンゾーラソース
パスタ マニケMancini  牛テールのラグー