イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,637、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

じゃがいものフリーコ フォンティーナチーズ風味

      2014/12/18

イタリアン料理レシピ
フリーコとは
イタリアフリウーリ地方の郷土料理です
モンタージオチーズを使うのが本当ですが
日本では入手が不可能なのでフォンティーナチーズ
パルミジャーノチーズを合わせて使いました
チーズとたまご・じゃがいも・たまねぎを
合わせ炒めた料理です
じゃがいものフリーコ フォンティーナチーズ風味
IMG_3168IMG_3170
エリカ
イタリア料理に使用する食材2人分

たまご2個
たまねぎ1/2個
じゃがいも2個
フォンティーナチーズ130g
パルミジャーノ120g
オリーブオイル30cc
岩塩適量
ピンクペパー適量
イタリアンパセリ1枝

イタリア料理に使用する食材

フォンティーナD.O.P(チーズ)【約500g】
13世紀には
すでに製造されていたと言われており、
名前もアオスタ渓谷付近にある
「フォンティン」という山の
名前からついている。
このチーズは蜂蜜のような甘みがあって、
ほのかにナッツのような香りも
楽しむことができます。
そのはちみつのような甘みは
イタリア式のフォンデュ
にしても美味しいです
このチーズを牛乳で溶かし、
バターと卵黄を加えると
濃厚で美味しいソースが出来上がります。

パルミジャーノ レッジャーノ 24ヶ月熟成 約1kg
北イタリア、レッジョ・エミリア地方で
24ヶ月(2年)熟成した、
パルミジャーノ・レッジャーノを、
約1kgにカットしました。
細かく砕いてワインのおつまみに、
すりおろしてパスタやリゾットなど、
様々な料理でお楽しみ頂ける、
お得な大容量タイプです。

フレスコバルディのラウデミオ エキストラヴァージン・オリーブオイル 500cc 
フレスコバルディ・ラウデミオは、
味、香り、品質ともに
極上のエキストラヴァージン・オリーブオイル。
イタリアの名門貴族、
フレスコバルディ侯爵家の伝統と
誇りが育んだおいしさは、パンにつけて、
パスタにふりかけて、豆腐にたらして、
と和洋の食材と多彩に楽しめます
イタリア料理レシピ手順
1.フォンティーナチーズは
  細かくカットしておきます
2.パルミジャーノチーズは
  すり下ろしておきます
3.たまねぎは
  1/2個を繊維に沿って薄くスライスします
4.じゃがいもは
  皮付きのまま茹で
  熱いうちに皮をむき
  ボウルに入れポテトマッシャーでつぶします
5.フライパン(直径20cm)に
  オリーブオイルを入れ
  たまねぎを加えて弱火で丁寧に炒めます
  薄いきつね色になるようになるまで
  炒めてください
6.たまごは
  溶きたまごにします
7.ボウルに
  たまご・フォンティーナチーズ・パルミジャーノチーズ
  たまねぎ・ジャガイモを入れ混ぜ合わせます
  塩・ブラックペパーを振り入れ混ぜ味を調えます
8.20cmのフライパンを
  中火より少し弱火にかけ
  オリーブオイル多めに入れ
  ボウルの具材を入れます
  平らに木べらでならします
9.じっくりと炒めていきます
  チーズがとけだしてまとまってきて
  きれいな焼き色がついたら裏返して炒めます
10.食器に盛りつけ
   上にイタリアンパセリの粗みじんを振りかけ
   ピンクのペーパーを適量振りかけ彩りにします
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理/ボウル/ステンレスボール/ストレーナー/ザル/6点セット

ステンレス4面チーズおろし

フィスラー(Fissler) プロテクト フライパン20cm

アルテ ブラック12″プレート 305×H37mm 洋食器

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. いくみ より:

    ryuujiさんこんにちは。
    チーズは本当にその土地土地独特のものがあるのですね。
    日本の銘酒のようです。
    ポテトと玉ねぎにチーズがおいしそうですね。
    素敵なレシピをありがとうございます。

  2. kazuyoo60 より:

    綺麗な色のエリカです。私もこの品種か、もっと長い花の品種に出会いたいです。育てるのが難しいのは承知でもです。
    マッシュになさるのですね。お腹にも優しそうです。じゃがいももチーズも美味しいですね。

  3. あべべ より:

    フリウリのフリーコ、美味しそうですね。
    食べたことないですが、チーズとじゃがいもと卵ということでなんとなく味が想像できます、北イタリアの田舎の香りがしてきます。

  4. 超姉 より:

    こんにちわ~
    コメントもありがとうございます。
    チーズにはいろんな種類そして風味があるんですね^^
    いつもお勉強になります♪
    フリーコと名前も可愛いですね(^O^)/

  5. masakohime より:

    先日、フォンティーナチーズをはじめていただきました。癖があるほどではなく、とても香りも味も良いチーズでした。ryujiさんが時々使っているチーズでずっと食べたいと思っていたと、話しながら楽しみました。これは玉子とチーズをっ方じゃが芋のオムレツののようなお料理かしら。溶け出したチーズがとても美味しそうです。

  6. らるむ。 より:

    こんにちは。
    これは絶対好きな料理です^^
    今日はドタバタしてるので応援だけで失礼します。
    応援☆☆

  7. カシュカシュ より:

    ryuji_s1さん、こんにちは♪
    これはイタリアの郷土料理になるのですね。
    チーズをたっぷり使うお料理なんですね♪
    チーズ大好きですし、じゃが芋との組み合わせも好きなので、ぜひいただいてみたいです。
    いつも素晴らしいレシピをありがとうございます。

  8. misya より:

    こんばんは♪
    これはオムレツ?
    濃厚なジャガイモのオムレツって感じでしょうか?
    郷土料理なんですね^^
    うん、ほっこり、とっても美味しそう♪
    入手困難なチーズ・・・食べてみたいです。

  9. イヴォンヌ より:

    チーズに卵にじゃがいもち玉ねぎってオムレツ風の料理なのかな~
    美味しそうですね~♪

  10. こんばんわ~
    とっても美味しそうですね~
    チーズとじゃが芋~
    美味しそう~
    すっごく食べてみたいです!

コメントを残す

  関連記事

いわしの焼茄子のピューレーのサラダ
リコッタチーズとトマトソースのオムレツ
茄子のマリネ バルサミコ 生ハム添え
合鴨の治部煮
そら豆のスープ イチゴのマスカルポーネ
パスタ ペンネ リガーテ グリーンアスパラ ポーチェドエッグ添え
そら豆のペコリーノ・トスカーナ・フレスコソース
新ジャガイモのスフレ
パスタ リングイネ 新たまねぎソース パルミジャーノチーズ
グリーンアスパラとうすいえんどうの炒め煮