イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,636、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ フェデリーニ 鯛のジェノベーゼ

      2014/12/18

イタリア料理レシピ
鯛の冷製パスタです
鯛のお刺身用を使います
ジェノベーゼソースを使います
ここでは
多めに作ります
冷凍庫に保管すると6ヶ月は持ちます
とても便利です
パスタは細いフェデリーニを使います
コラトゥーラを振り入れ
味に奥行き・深みが出ます
パスタ フェデリーニ 鯛のジェノベーゼ
IMG_3424IMG_3426
テッセン
イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ フェデリーニ140g
200g
コラトゥーラ3cc
ケッパー(塩漬け)30粒
アンチョビーフィレ2枚
ジェノベーゼソース60g
バジルの葉300g
にんにく2片
松の実20g
にんにく2片
ペコリーノ・ロマーノ40g
パルミジャーノチーズ40g

バージンオリーブオイル300cc

岩塩適量

イタリア料理に使用する食材

ラ・テラ・エ・イル・チェロ有機栽培スパゲティ極細(フェデリーニ)(500g)
1980年に有機栽培を導入して以来、
加工ラインでも一切化学処理を施さず
製造しています。
1991年にはイタリアの認定
オーガニックパスタの
最優秀賞を受賞しています。

【日本海産】天然真鯛一尾
上品な甘みと、適度な歯ごたえ。そのバランスが絶妙
※調理法は下記よりご指定いただけます。
●身は刺身、頭は二つ割り ●身は刺身、頭は兜煮で
●身は切身、頭は二つ割り ●身は切身、頭は兜煮で
●そのまま(下調理なし)

Delfino コラトゥーラ・ディ・アリーチ 250ml
コラトゥーラは、
アンチョビよりも
塩分がまろやかでコクがあるので、
アンチョビの代わりに
或いは塩とオリーブオイルの代用品として
お使いいただくと料理に深みが加わります。
パスタをはじめとするイタリア料理は
もちろんのこと、
サラダやゆで野菜
(じゃがいも、白菜、ブロッコリー、カリフラワー等)
ブイヤベースやポトフ等のスープから、
シンプルに卵かけご飯のお醤油代わりに等々
様々な料理にお使い頂ける「万能調味料」です。

イナウディ ケッパー塩漬け 75g
粒ぞろいのケーパーを
塩漬けにしました。
アクアパッツァやサラダ、
またはパスタに加えて彩りと
香り高い風味をお楽しみいただけます。

ペコリーノ・ロマーノ
ローマ帝国の保存食でした
お塩代わりにお料理にどうぞ♪
カルボナーラにこれを使うのが本場風!

パルミジャーノ レッジャーノ 24ヶ月熟成 約1kg
北イタリア、レッジョ・エミリア地方で
24ヶ月(2年)熟成した、
パルミジャーノ・レッジャーノを、
約1kgにカットしました。
細かく砕いてワインのおつまみに、
すりおろしてパスタやリゾットなど、
様々な料理でお楽しみ頂ける、
お得な大容量タイプです。

テヌータロケッタ・エクストラヴァージンオリーブオリーブオイル【500ml】
イタリア/シチリア産
/アンジェラ・コンシィーリオ社
このテヌータロケッタは
トマトや青草の様なフレッシュな香りが
特徴の最高級エクストラバージン オリーブオイル。
まれにみる酸度の低さで、
1年経っても香りが抜けず、
サラリとしているのでジュースの様。
手摘みのノンフィルター
権威あるオリーブオイルのコンテストで、
数々の賞を受賞。
イタリア料理レシピ手順
****最初にバジルぺーストを作ります
1.バジルは 茎を取り除き葉の部分を集めます
  手で3つぐらいにちぎります
2.松の実は
  フライパンでから煎りし
  香ばしさを出します
3.ペコリーノ・ロマーノチーずは
  すり下ろしておきます
4.パルミジャーノチーズは
  すり下ろしておきます
5.にんにくは
  縦に二等分し中の芯の芽を取り除きます
6.フードプロセッサーに
  オリーブオイル
  バジルの葉・松の実・ペコリーノ・ロマーノチーズ・
  パルミジャーノ・にんにくを入れ
  ミキシングしペースト状にします
  容器に入れ
  浅い鍋に45℃のお湯を沸かし40分間湯煎します
  素晴らしいグリーンが保てます
7.鯛は
  お刺身用にカットします
8.塩漬けケッパーは
  塩をたたいて振り落とします
9.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間
  通りに茹で上げます
10.ボウルに
   氷水を用意しておきます
   パスタが茹であがったら水気を切り
   流水であら熱をとり氷水の中に入れ
   冷たくします
   ざるに空け水気を切り
   更にペーパータオルで
   包むようにして水気を拭き取ります
   ボウルに入れ
   オリーブオイルを軽く廻しかけ
   混ぜ合わせます
11.アンチョビーフィレは
   微塵にし
   つぶしペースト状にします
12.パスタの
   入っているボウルにバジルペースト
   鯛アンチョビーフィレ・ケッパー
   ・コラトゥーラを加え混ぜ合わせます
13.食器に盛り付けます
イタリア料理に使用する調理器具

ステンレス4面チーズおろし

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

柳宗理 ステンレスボール&ストレーナー 6個セット16・19・23cm

リチャードジノリ(Richard Ginori) グレース プレート 26cm
鯛 関連
**伏見とうがらしと鯛のパスタ スパゲッティ バター風味
**鯛のオーブンロースト
**鯛のカルパッチョ ブラックオリーブソース
**鯛のタルタル レモンビネグレット
**鯛と赤パプリカ トマトセルフィーユドレッシング

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    沢山の花、綺麗な色のテッセンです。
    鯛にもジェノベーゼソースが合うのですね。滅多に鯛は買いませんが、機会があったら試します。

  2. hannoah より:

    こんにちは!!
    鯛を使った、冷製パスタ☆
    初めてなので、是非いただいてみたいです。
    我が家、バジルペストの大ファンで パスタや
    パンに大活躍なのですが、冷製パスタには使った
    ことがありません。素敵なレシピのご紹介
    有難うございます♪

  3. タヌ子 より:

    日本にいるうちに作ってみたい一品です。
    これはメインとして食べても良いし、お上品に盛り付けて、夏の前菜として頂くのもオシャレですね。

  4. あべべ より:

    こんにちは、あべべです。
    私の好みの味がしそうなパスタで、作ってみたいです!!
    コラトゥーラはなかなか入手機会がないですが、アンチョビペーストかナンプラーなどでも代用できますか?

  5. jugon より:

    ryuji s1さん、こんにちは
    白身のお魚の淡白さにジェノベーゼ・ペーストが良く合いそうです。
    それに、色も綺麗に仕上がりますね?
    初夏にとても爽やかな一品です。
    jugon のパスタはいつもフェデリーニなんですよ(^^)

  6. 月草 より:

    わぁ~素敵です
    ジェノベーゼ・ペースの色合いがとてもしいですね
    テッセン綺麗ですね~

  7. あべべ より:

    りゅうじさん、わかりました。
    それなら作れそうです、ありがとうございます。

  8. らるむ。 より:

    こんばんは。
    鯛って桜の塩漬けなど香りの強い物と合うので、ジェノベーゼとも絶対合いますね♪
    筍も入れたいです(笑)
    コラトゥーラはガルムより優しそうな味のイメージです。
    応援☆☆

  9. patapataokan より:

    鯛を使った冷静パスタ
    とってもお洒落です。
    これからの暑い日にもいいですね。

  10. kei より:

    こんばんは。
    これからの季節にいいですね。
    鯛にジェノベーゼを合わせたことがないのですが、今度合わせてみます。
    コラトゥーラは輸入食品売り場にありますか?
    もし、みつけられなかったら、何かで代用できますか?

コメントを残す

  関連記事

パスタ スパゲティ 小カブのグリル ボッタルガ風味
パスタ リングイネ 豚ロース肉とオリーブ
パスタ スパゲッティ アスパラの牛肉巻き ピオーネのソース
パスタ リングイネ 枝豆とパンチェッタ
パスタ キタッラ アスパラソース
ブッラティーネとほうれんそうのニョッキ
ブラッドオレンジのカルパッチョ ピスタチオ添え
新タマネギのローストスープ
パスタ キタッラ アサリ 白ワイン風味
パスタ キタッラ ドライトマト なす アンチョビー コラトゥーラ風味