イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,581、パスタのレシピ数は1587。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

鶏むね肉のグレープフルーツ仕立て

      2014/12/18

鶏むね肉のグレープフルーツ仕立て
IMG_3755IMG_3756
ナツツバキ
イタリア料理レシピ
鶏むね肉を無塩バターで炒めタイムを加えて
低温のオーブンでローストします
ふっくらと柔らかく仕上がったお肉に
オレンジリキュールで香り付けした
グレープフルーツのジュースを
タップリ入れ軽く煮込みます
最後にグレープフルーツの身を飾りタイムを飾ります
イタリア料理に使用する食材2人分

鶏むね肉2枚
グレープフルーツ(ルビー)3個
コアントロー20cc
グラニュー糖6g
無塩バター60g
白ワイン(辛口)100cc
薄力粉適量
タイム4本
岩塩6g

イタリア料理に使用する食材

匠の大山鶏むね肉2枚 (1枚約300g)
他店で買えない!
東京食通人独占販売!
話題のプレミアム・ブランド鶏!!
「むね」なのにとってもジューシー!
わが家の鶏料理を一段と美味しく!

南アフリカ産グレープフルーツ(赤)
太陽みたいな赤色
シャキッとした爽快な酸味
ほのかな甘みのたっぷり果汁!

アランフェデリカ オレンジリキュール 30% 
パゴ・デ・タルシス 700ml (リキュール)
イタリア アマルフィのレモンチェッロの
製法により造られます。
自社生産のオルフォ(70度の蒸留酒)に
スペイン・バレンシア産のオレンジの皮を浸けこみ、
糖分を加えるため濃縮したぶどう果汁と
アルコール度数を調整するための加水をして造られる
自然の風味と甘さのアラン(オレンジ)チェッロです。
(着色料や加糖は使用しません。)

無塩 バター 250g フランス ノルマンディー産 イズニー Isigni AOP
ノルマンディーの
大自然で作られるイズニーのバターは、
新鮮なハーブを餌と出来る環境があり、
ストレスを最も少ない放牧から育つ乳牛から作られます。
その色は黄色に輝きコクのある風味が特徴です。

大分県、愛知県産 タイム
パックに入れてのお届けとなります。約20g入りです
※パックサイズはほぼ全てに共通しています
高さ(深さ)40mm・縦長220mm・横85mmです
イタリア料理レシピ手順
1.グレープフルーツ1個の皮を剥き
  身を取り出します
  もう2個はジュースを絞ります

2.小さなバットに
  絞り汁と身を入れ
  オレンジリキュールを振り入れて
  冷蔵庫に2時間ほど入れておきます
3.鶏むね肉は
  皮を剥ぎ取り
  身の薄く細い部分はカットします
  身の厚さを同じ厚さに出来るだけします
  身の部分全体に
  フォークで穴を穿ちます
4.ジップロックに
  グラニュー糖6g・塩6g・
  2のグレープフルーツジュース80ccを入れ
  袋の表面から鶏むね肉をもむようにします
  冷蔵庫に入れ1時間マリネします
5.鶏むね肉を
  取り出しペーパータオルで
  水気を拭き取ります
  塩を軽く振りかけます
  薄力粉を軽くまぶします
  余分な粉は叩いて落とします
6.フライパンに
  無塩バターを入れ中火にかけます
  鶏むね肉を入れ全体を炒めます
  軽く全体に焼き色が付いたら
  120℃に設定したオーブンに
  フライパンにタイムを加え入れます
  約20分ぐらいです
  フライパンをオーブンから取り出し
  中火にかけ白ワインを振り入れます
  アルコール分は飛ばします
7.グレープフルーツのジュースを入れ
  タイム4枝を加え軽く煮込みます
8.食器に盛り付けます
  グレープフルーツの身を飾ります
  タイムをむね肉の上に置きます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボウル フルサイズ

Fissler フィスラー 13810228100 プロテクト フライパン 新品,

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
鶏むね肉 関連
鶏むね肉のソテー ローズマリー風味
鶏むね肉 ルッコラのサラダ
鶏むね肉のソテー ビネガー風味
鶏むね肉の白インゲンクリームソース
地鶏むね肉のツナソース

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    ナツツバキの白い花、可憐ですね。
    コモンタイムらしい種を蒔きました。小さな苗になってます。間違いないと思いますが、香り確認して来なくては。
    お砂糖で鶏肉などをジューシーにでしょう。私もこの技最高と思います。麹も同じ役目をするようですし。

  2. masakohime より:

    素敵なお料理ですね。作り方を読みながら、食べたくなりました!イタリアのコアントローは、レモンチェロと同じ製法で作られるのですか。瓶の絵もとても可愛くて、良いですね。

  3. こんにちは~
    今日もとっても美味しそうなお料理ですね!
    食材も贅沢ですね~
    私も食べてみたいです~

  4. こんにちは!(^^)!
    本格的なレシピはやはり違いますね。以前オレンジで煮込みましたがこの方がジューシーで美味しそうです(笑)
    グレープフルーツの包丁さばきにも感激。早送りしているみたいに手早く美しく感動。見とれちゃいました。挑戦してみます。

  5. Rune より:

    無塩バターで炒めたヘルシーな鶏胸肉にタイムを加えて低温のオーブンでローストと手間はかかってますが、とってもおいしそう☆
    オレンジリキュールで香り付けした
    グレープフルーツのジュースで煮込んで素晴らしいです。
    ぜひ、作ってみたいです☆

  6. misya より:

    こんにちは♪
    いつも有難うございます♪
    鶏肉と柑橘系って相性抜群ですよね^^
    さっぱりした胸肉ならなおですよね^^
    私もよく作りますが
    グレープフルーツにコアントローというところが
    さすがです♪
    香がここまで届きそうです♪

  7. おはようございます。
    いつもブログにコメントをくださりありがとうございます。
    鶏ムネ肉とグレープフルーツの組み合わせが素敵ですね!!
    とても美味しそうです!!
    全部ポチッと応援させて頂きます。
    (応援は、日付けが変わる前にさせて頂きました。)

  8. ソフィー より:

    鶏の胸肉とグレープフルーツの取り合わせ、素敵です。クワントローに付けたグレープフルーツがアクセントになりますね。鶏を低温でローストすると、軟らかくてジューシーに仕上がりそう。好みの料理なので、是非試してみたいと思います。ありがとうございました。

  9. hannoah より:

    こんにちは♪
    鶏肉と柑橘系の組み合わせ、大好きです!!
    タイムの風味、とっても好みなので こちらは
    是非いただいてみたい1品☆
    ご紹介のリチャードジノリのプレートも
    とてもお洒落で、素敵な器でいただく
    お料理に憧れます^^

  10. amabilis より:

    こんばんは☆
    いつも応援コメントと美味しいレシピをありがとうございます。
    チキンとグレープフルーツ
    とても美味しそうですね。
    どちらも好物ですので
    今度つくってみようと思います!

コメントを残す

  関連記事

パスタ ブカティーニ ブラックペパー・ペコリーノ・モルテリーノ・タルトゥーフォ
パスタ フェットチーネ フレッシュトマト・ブッラータ 温度たまごのせ
春キャベツのアニスシールドホール風味
パスタ タヤリン ホワイトアスパラ 白トリュフ風味
ビーツとホタテのカルパッチョ風
パスタ スパゲッティ グアンチャーレとバジル
牛挽肉のラグー ビアンコ パスタ リングイネ
タイの皿焼き グリーンアスパラ添え
白パンと卵のスープ パルミジャーノ風味
ブロッコリーのオーブンロースト
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。