イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,638、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ スパゲッティ なすとブッラータ パンチェッタ添え

      2014/12/18

イタリアン料理レシピ
ブッラータとは
ブッラータを切って開くと
中から濃厚な生クリームがとろっと出てくる。
リッチでバターの濃厚な味があり、
ミルクの新鮮さが保たれている。
開封後24時間以内に食べるべきで、
48時間後では賞味期限が過ぎたと考えられる。
チーズの内外で味や舌触りが違うので、
サラダ、プロシュット、固めのパン、
トマトなどをオリーブ油と砕いた黒胡椒で味付けたり、
パスタとも合う
素晴らしいチーズとパスタの融合美味しいです
パスタ スパゲッティ なすとブッラータ パンチェッタ添え
IMG_3832IMG_3833
チェリーセージ
イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ スパゲッティ140g
なす2本
パンチェツタ6枚
たまねぎ1/2個
モッツアレラチーズ(ブッラータ)200g
トマトソース30g
オリーブオイル50cc
岩塩適量
トマトソース120cc
オリーブオイル40cc+10cc+40cc
トマトソース食材
トマトホール缶1缶400g
バジルの葉6枚
たまねぎ1/2個
岩塩3g
ホワイトペーパー1g

イタリア料理に使用する食材

【88イタリア社】スパゲッティ 500g
イタリア・ミラノの新ブランド

パンチェッタ(スライス)100g
パンチェッタは
イタリアの伝統的な生ベーコンです。
甘味のある味わいと、
白とピンクの色合い
(赤身の多いパンチェッタでは赤に近い色合い)に
特徴があるパンチェッタは、
デリケートな香りを持っています。

【冷凍】ブッラータ 200g
【クリームがトロ~リ!フレッシュ感と量がアップ!プーリア名物!】
ブッラータは
クリームを牛乳のモッツァレラの袋に
職人の手作業により1つ1つ
中につめたこだわりのブッラータです。
モッツァレラにナイフを入れると
クリームがとろ~りと溢れ出します!

アナリサイタリア産ホールトマト 4号缶400g
アナリサのトマトは、
その品質の高さが認められ、
多くのイタリアンレストランで採用されています

Olio Extra Vergine di Oliva 500ml
(トスカーナ産 エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル500ml)
レ・フィリガーレ農園オリジナルのオリーブオイルです。
イタリア料理レシピ手順
1.トマトソースを作ります
  たまねぎは
  繊維に沿って薄くスライスします
2.ソースパンに
  オリーブオイルを入れ
  たまねぎを加えて弱火で丁寧に炒めます
  たまねぎが透明になりしんなりしてきたら
  トマトホール缶のすべてを入れます
  そのとき身は手でつぶして入れます
  バジルの葉を加えます
  中火にして一度沸騰させ弱火にもどして
  50分間煮込みます
  塩・ホワイトペパーを加え味をと整えます
  あら熱が取れたら
  裏ごしします
  きれいなトマトソースのできあがりです
3.なすは
  へたを取りのぞき
  ピラーで皮を剥きます
  1cm厚の斜め切りにします
4.にんにくは
  縦に二等分し中の芽の部分を綺麗に
  取りのぞきます
5.ペペロンチーノは
  手で二つに折り中の種を振るい落とします
6.モッツアレラチーズ(ブッラータ)は
  1cm角にカットします
7.パンチェッタは
  4枚を千切りにしますbr>
8.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
9.フライパンに
  にんにく・ペペロンチーノを加え
  弱火で丁寧に炒めます
10.にんにくの香りがしてきたら
   なすを入れ中火で炒めます
トマトソースを加え絡みます
11.パスタが
   茹であがったらパスタの水気を切り
   フライパンに入れます
   ブッラータ200gを入れ混ぜ合わせ溶かし込みます
12.食器に盛り付けます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

Fissler フィスラー 13810228100 プロテクト フライパン 新品,

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
ブッラータ 関連
*トマト・赤パプリカのサラダ フレッシュチーズ和え
イタリアン料理レシピ
フレッシュトマトと赤パプリカを使います
赤パプリカはこんがり焼いて皮をむき使います
素晴らしい甘みがおいしいです
フレッシュトマトの酸味が合います
リコッタチーズと
ブッラータチーズは素晴らしいチーズです
ぜひ一度味わっていただきたいです
(新鮮なミルク感をダイレクトに味わえ
中のクリームはまるでバターの様に濃厚なのです。
併せて白ワインビネガーとレモンの搾り汁を使い
素敵な酸味を加えます
*ブッターラとリコッタのパスタ カセレッチア
イタリアン料理レシピ
フレッシュチーズ
ブラッタ(ブラータ) ディ コラート チーズとは
モッツァレラチーズの中に
生クリームとモッツアレラチーズを
混ぜたものを詰めて作ったものです。
モッツァレラのモッツァレラ包みなのです。
珍しいモッツアレラチースです
リコッタチーズとは
リコッタ(伊: Ricotta 羅: recocta)
は チーズの一種で、南イタリア原産のフレッシュチーズ。
再び (ri) 煮た (cotta) という意味のとおり、
チーズ生成過程で生じたホエーを煮詰めて作ったものである。
パスタはショートパスタ カセレッチアを使用しました
ソースの絡みが良くもちもち感があります

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. るーママ より:

    こんにちは!
    なんておいしそうなんでしょう。
    コクのあるおいしさ、なすも。
    とっても美味しく頂けそうです。
    嬉しいレシピに。
    ☆☆

  2. sarara より:

    ryujiさんへ
    ブッラータおいしそうですね。
    ナスも大好きです。
    濃厚な感じ、味わってみたいです。
    ありがとうございます

  3. タヌ子 より:

    茄子とブッラータ、美味しいでしょうね。
    フランスではブッラータは高級チーズなので、贅沢なパスタになりそうですが、この組み合わせは一度試してみたいです。

  4. kazuyoo60 より:

    奥が深いチーズの世界ですね。
    ミョウガが沢山採れました。ナスとの炒め煮が好きです。和風の味付けですが、ベーコンを入れてパスタと合えます。簡単で美味しければ何だってです。

  5. patapataokan より:

    ブッターラって初めて聞きましたが
    24時間以内に食べるべきですか!!
    1度味わってみたいチーズです。
    茄子とチーズの組み合わせって
    合いますね(^^

  6. イヴォンヌ より:

    ブッラータって食べてみたいですね~
    おいしそうなパスタ♪

  7. らるむ。 より:

    こんばんは。
    中からクリームがとろーりのモッツアレラチーズ(ブッラータ)が凄いですね!
    そんなチーズがあるとは、もう聞いただけで生唾ごっくんです(*^_^*)
    応援☆☆

  8. こんばんは。
    いつもブログにコメントをくださりありがとうございます
    本日のパスタも魅力的ですね!!
    とても美味しそうです。
    本日も勉強させて頂きました。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

コメントを残す

  関連記事

古代米イタリア産 赤米 riso rosso のリゾット
グリーンアスパラ 卵黄添え
パスタ キタッラ 鶏モモ肉のラグー
ほうれん草のポタージュスープ
鮭 白子のソテー ボッタルガ添え
パスタ スパゲッティ 桜エビのブラッドオレンジ風味
牛リブロースのミラノ風カツレツ
パスタ リングイネ ビエトラ クルミのソース
パスタ リングイネ 砂肝とパンチェッタ マルサラ酒風味
パスタ カサレッチェ カチョ・エ・ぺぺ