イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,692、パスタのレシピ数は1638。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ フジッリ 夏野菜のラグー オレガノ風味

      2014/12/18

イタリアン料理レシピ
夏野菜の煮込みソースです
ここではミニトマトのジュースを使いました
普通のトマトジュースより甘みと風味が
格段に良いジュースです
オレガノの風味がすばらしいソースです
バジルの香りも添えて
パスタはショートパスタ フジッリを使います
ソースのからみが良く
もちもちも感も素晴らしいパスタです
塩漬けケッパーとブラックオリーブが
味に深みを持たせてくれます
パスタ フジッリ 夏野菜のラグー オレガノ風味
IMG_3985IMG_3986
センニチコウ(千日紅)
イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ フジッリ140g
なす4個
たまねぎ1/4個
パプリカ(赤・黄)1/2個ずつ
にんじん1/4本
セロリ1/4本
ズッキーニ4枚
ブロッコリー200g
カリフラワー40g
オリーブオイル40cc
にんにく2片
ペペロンチーノ2本
白ワイン(辛口)40cc
ミニトマトジュース100cc
バジルの葉4枚
オレガノ(ドライ)1g
塩漬けケッパー20粒
ブラックオリーブ6個
ペコリーノ・ロマーノチーズ20g
岩塩適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

フジッリ パスタ BIO  500g
茹で時間 10分
カシーナサンカッシアーノ 社
Organic white fusilliotti pasta
イタリア・プーリア産の
最高級デュラム小麦のセモリナ粉のみを使用。
水は、ヨーロッパ最南の氷河がある
ファリンドラ山からのミネラル水を使用。
コシがあり、なかなかのびないパスタなので
冷めてもおいしいです。
表面がザラザラしているので
どんなソースにも絡みやすい!
24~36時間かけて低温乾燥、
ゆっくり水分が抜け、
小麦が熟成、香りと際立った風味をお楽しみ頂けます。
タンパク質12%以上、茹で汁への流出も少ないです。

ノースファームストック 北海道産 ミニトマトボトル (720ml)
北海道産ミニトマトを
一瓶に約160個ほど使用してつくりました。
糖度も高くコクもうまみもたっぷり。
今までにない味わいの
トマトジュースをお楽しみください。
トマトは野菜かフルーツか
そんな気分にさせてくれます。
また、お料理の材料としても
お手軽にご使用いただけます。

イナウディ ケッパー塩漬け 75g
シチリアの北
地中海に浮かぶエオリア諸島
リーパリ島産の 7~9mmの
粒ぞろいのケッパーを、
シチリアの海塩に漬けました。
塩抜きしてからご使用ください。
ケッパーには塩漬けのものと
酢漬けのものがありますが、
ケッパー そのものの味と香りを生かすには、
何といっても塩漬けが お薦めです。

マスコット オレガノ 8g
スパイスで
野性的なほろ苦さをもつ
地中海料理に欠かせないスパイスです。
トマトとの相性がよく、
魚介の臭み消しにもお使い頂けます

イタリア・チェリニョーラ産【 フラーテピエトロ ブラックオリーブ 】
120年も家族代々守られた
オリーブ畑で作られた最も大きな
「GGG」の極上のオリーブ。
太陽の恵みを受けほんのりとした甘み。
オリーブの中でも最大となる
「ベッラディチェリニョーラ」種。
ブラックオリーブは、
グリーンオリーブと同じ種類のオリーブですが
熟成度の違いと、塩水に漬ける期<間や手順の違いで、 全く違う味わいになっています。 一般的には黒く着色されているものもありますが、 こちらは着色料などは一切使用せず、 自然に色づいたものとなります。 グリーンオリーブよりもやや実がやわらかく、 甘みが多い優しい味わいですので、 ぜひ両者を食べ比べてみてください。
赤唐辛子 (ペペロンチーノ)
ペペロンチーノとは
イタリア語で唐辛子の意。
唐辛子は細かくする程辛さが増します。
お料理に合わせてお使い下さい。

ペコリーノ・ロマーノ
ローマ帝国の保存食でした
お塩代わりにお料理にどうぞ♪
カルボナーラにこれを使うのが本場風

フレスコバルディのラウデミオ エキストラヴァージン・オリーブオイル 500cc
レイン酸の%)が1%以下の物ですが、
このラウデミオは、
その酸度が約0.2%という
最高品質のエキストラヴァージンオリーブオイルです。
これは、フレッシュなオリーブの果汁を
思わせるさわやかでクセのない味と香を持ち、
コンテストでも
「ベストエキストラヴァージンオリーブオイル」として
表賞も受けた高品質のオリーブオイルです。
イタリア料理レシピ手順
1.ソースパンに<   オリーブオイルを入れ塩をふり入れ   たまねぎ・にんじん・セロリ・赤・黄のパプリカ   5mm角にカットした物を入れ   蓋を閉め弱火で1時間程度蒸し煮にます 2.なすは   へたを取りのぞき1cmの角切りにします   塩を振り10粉間置き出てきた水分と   アクをペーパータオルで拭き取ります 3.ズッキーニは   両端をカットし1dm角にカットします 4.ブロッコリー・カリフラワーは   小株に分け   ソースパンにお湯を沸騰させ   お湯の量の1%の塩を入れ茹でます   ざるに空けみずけを切ります 5.ペコリーノ・ロマーノチーズは   すり下ろして置きます 6.バジルの葉は   粗く刻みます 7.ブラックオリーブは   種を取り除き   粗く刻みます 8.塩漬けケッパーは   塩を振り落としておきます 9.にんにくは   包丁の腹などで叩きつぶします 10.ペペロンチーノは    手で二つに折り中の種を振るい落とします 11.フライパンに    オリーブオイルを入れ    にんにくを加えて弱火で丁寧にためます    にんにくが綺麗な狐色になったら取り出します 12.たまねぎ・にんじん・セロリ・パプリカの炒め煮を    加え中火にかけます 13.ペペロンチーノを入れ炒めます 14.白ワイン40ccを    振り入れ中火にして    アルコール分を飛ばします 15.トマトジュースを    入れます    バジル・オレガノ・塩漬けケッパー    ブラックオリーブを加え中火で炒め煮込みます    8分間詰めます    火を止めます 16.15のトマトソースを入れるのと同時に     パスタパンに    お湯を    沸騰させ塩を水量の1%を加えます    パスタを入れ茹でます    パスタのゆで時間は    袋に表示されてある時間より    2分間短めに茹で上げます    仕上がり時にアルデンテを    お楽しみ頂けます 17.パスタが    茹で上がったらみずけを切り    フライパンに入れソースを絡めます 18.食器に盛り付けます    ペコリーノ・ロマーノチーズを    振りかけます イタリア料理に使用する調理器具
フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm

ステンレス4面チーズおろし

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

Fissler フィスラー 13810228100 プロテクト フライパン 新品,

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
夏野菜 関連
*夏野菜のアンチョビーディップ添え
イタリア料理レシピ
コラトゥーラ・ガルムとアンチョビーを使い
味わいの深いディップを作ります
お野菜をそれに付けていただきます
いくらでも食べられます
ぜひお楽しみください
*夏野菜 生ハムドレッシングサラダ
イタリアン料理レシピ
夏野菜のサラダです
野菜はすべてグリルします
ドレッシングは生ハムとシェリービネガーで
作ったソースです
塩は塩の花を使い塩にもこだわりました
*夏野菜のミネストローネ パルミジャーノ風味
イタリアン料理レシピ
夏野菜を一杯つかいました
全て粗く刻みミキシングしてペースト状にします
鶏のブロードとおいしいオリーブオイルが命です
*じゃがいもと夏野菜のボイル
イタリアン料理レシピ
じゃがいも・にんじん・
さやインゲン・ブロッコリーを茹で
ざるに空け水気を着るだけです
たっぷりのオリーブオイルを回しかけ
上にパルミジャーノを振りかけ
頂ます
*夏野菜のパスタ リングイネ アメリケーヌソース風味
イタリアン料理レシピ
夏野菜
茄子・ズッキーニ・シシトウをソテーして
エビのソース アメケーヌソースをたっぷり使います
エビの風味をしっかりと味わえます
パスタはリングイネを使います

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. タヌ子 より:

    お野菜たっぷりのラグーですね。
    夏野菜の中にブロッコリー、カリフラワーなど冬の野菜も混ざって、まさに秋にピッタリのレシピ。
    チーズを除けば100%植物系だから、ビーガンの友人にも作ってあげられそう。

  2. Rune より:

    夏野菜をミニトマトのジュースで煮込まれてとっても美味しそうです!
    オレガノとバジルの香りも添えてショートパスタ フジッリがからみ魅力的なパスタです☆
    塩漬けケッパーとブラックオリーブは私もトマトソースには欠かせない食材で大好きです!

  3. イヴォンヌ より:

    ミニトマトのジュースより甘いんですね~
    おいしそうなパスタですね♪

  4. misya より:

    こんばんは♪
    とっても嬉しいコメント、有難うございます^^
    その後体調いかがでしょうか?
    痛みがなければ良いのですが・・・・。
    ミニトマトのジュースってあるのですね!
    濃厚でうまみたっぷり。
    そんなジュースで煮込み♪
    とっても美味しそうです、贅沢だわ^^

  5. こんにちは。
    いつもブログにコメントをくださりありがとうございます。
    とても魅力的なパスタですね!!
    夏野菜のラグーに惹かれます。
    美味しそうですね!!
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  6. masakohime より:

    沢山の種類の入った野菜たっぷりの、ラグーソースパスタ!しっかり時間をかけて煮込んでいるので、甘みがでて、肉が入っていなくても、満足度が高そうです。フッジリにたっぷり絡めていただきたいです♪

  7. kazuyoo60 より:

    私のパソコン画面では、上のセンニチが隠れています。
    ピンクの千日紅、沢山で綺麗です。
    沢山の食材です。1人では1日30品目は達成できません。

  8. マムチ より:

    こんにちわ~♪
    パスタ フジッリ 夏野菜のラグー オレガノ風味
    とても美味しそうです♪
    塩漬けケッパーとブラックオリーブのアクセントが最高ですね♪
    ポチっ!!おうえーん*

  9. puffpuff より:

    本当に野菜がたっぷりのラグーですね!
    カリフラワーのホロホロ感も美味しそう。

  10. hannoah より:

    こんにちは!
    お野菜がほんとにたっぷり~^^
    これだけ入ると、お野菜の甘味もしっかり
    楽しめるのも素敵☆
    フリッジは好きでいつも常備しているのですが
    同じメニューばかりなので、我が家も是非取り入れて
    みたいです♪ ミニトマトの濃厚な風味に、
    ケイパーの塩気がすごく美味しそうです!

  11. るーママ より:

    こんにちは!
    とてもおいしそうです。
    ミニトマトジュースを使用するのですね。
    うふふ。
    ぜひぜひ、頂いてみたいこのレシピ。
    感謝の気持ちを込めて、☆☆

  12. らるむ。 より:

    おはようございます。
    夏野菜は美味しいですよね^^
    茄子を使ったパスタは大好きです。
    茄子がたくさんあるのにパスタに使ってなかったので、急に食べたくなってしまいました。
    応援☆☆

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

にんにくのスープ生ハム・サルシッチャ入り
生鮭のクリームソースのパスタ キノコ添え
パスタ フェットチーネ ボッタルガと生クリーム
パスタ リガトーニロマーノ かぼちゃとゴルゴンゾーラソース
パスタ スパゲッティ ゴルゴンゾーラソース パンチェッタ添え
パスタ タリアッテレ 新たまねぎ ゴルゴンゾーラ・ピカンテ風味
パスタ キタッラ 焼きマイタケ サルシッチャ風味
パスタ フェットチーネ 鮭のほぐし身 クリームソース
イタリア産ドルチェポルコ豚の塩釜 ローズマリー風味
パスタ キタッラ ピスタチオクリーム
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。