イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,691、パスタのレシピ数は1638。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ リングイネ アンチョビーとコラトゥーラ・ガルム

      2014/12/18

イタリアン料理レシピ
スペイン産の素晴らしいアンチョビーと
イタリアの魚醤コラトゥーラ・ガルムを数滴入れます
ビックリするほどのおいしさを堪能出来ます
パスタはリングイネを使います
パスタ リングイネ アンチョビーとコラトゥーラ・ガルム
IMG_4166IMG_4169
ローズマリー
イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ リングイネ140g
コラトゥーラ・ガルム2cc
アンチョビーフィレ8枚
にんにく1片
イタリアンパセリ1枝
オリーブオイル40cc
海塩(塩の花)適量
パスタの茹でる塩

イタリア料理に使用する食材

イタリア/チェターラ産:コラトゥーラ・ガルム
アンチョビから作られた調味料。
臭みがないので、どんなお料理にも合います。
塩気もまろやか。
味に上品な深みとコクと塩気を足す調味料です。
イタリアンだけでなく和食にもとっても合う
無添加の調味料です。

ORTIZ★【オルティス社製】樽出し芳醇アンチョビ(瓶詰)★
原材料はスペイン・カンタブリコ海で
水揚げされたカタクチイワシ。
新鮮なイワシから骨や皮を取り除いてフィレにし、
樽の中で6ヶ月以上も寝かせて発酵させています。
肉厚の身はやわらかく引き締まっていて、
お口の中で深い旨味がじーんとひろがります。
一般のアンチョビにありがちな骨っぽさは全くありません。
まさに、アンチョビの概念をくつがえす一品。

サルフィオーレ ディ チェルビア 150g(塩の花)
1年に1度8月の収穫、
漂白、粉砕作業は行わず、
一切添加物を加えない
伝統的な作業に基礎を置くことを規定しています。
イタリア料理レシピ手順
1.にんにくは
  縦に二等分し中の芽の部分を
  綺麗に取り出します
  2nn角にカットします
2.イタリアンパセリは<   茎を取りのぞき葉の部分を粗く刻みます 3.アンチョビーフィレは   細かく砕いておきます 4.パスタパンに   お湯を   沸騰させ塩を水量の1%を加えます   パスタを入れ茹でます   パスタのゆで時間は   袋に表示されてある時間より   2分間短めに茹で上げます   仕上がり時にアルデンテを   お楽しみ頂けます 5.フライパンに   オリーブオイルを入れにんにくを加えて   弱火で丁寧に炒めます 6.アンチョビーフィレを   加えて弱火で炒め   オリーブオイルに混ぜ合わせます   火を止めます 7.パスタが   茹で上がったらパスタの水気を切り   フライパンに入れソースを絡めます 8.コラトゥーラ・ガルムを振り入れます 9.食器に盛り付け   イタリアンパセリを振りかけます イタリア料理に使用する調理器具
フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
アンチョビー 関連
*アンチョビーとオリーブの前菜
イタリア料理レシピ
アンチョビーはスペイン産の
素晴らしい商品を紹介します
アンチョビーの風味とオリーブの風味が
ワインをすすませてくれます
ブラックオリーブは、
グリーンオリーブと同じ種類のオリーブですが、
熟成度の違いと、塩水に漬ける期間や手順の違いで
全く違う味わいになっています。
一般的には黒く着色されているものもありますが、
こちらは着色料などは一切使用せず、
自然に色づいたものとなります。
グリーンオリーブよりもやや実がやわらかく、
甘みが多い優しい味わいですので、
ぜひ両者を食べ比べてみてください。
*パスタ キタッラ ドライトマト なす アンチョビー コラトゥーラ風味
イタリアン料理レシピ
コラトゥーラ ディ アリーチ 魚醤は
古代ローマではガルムと呼ばれる魚醤が
万能調味料として使用されておましたが
帝国滅亡とともにガルムは消え、
調味料の主流もソースに移ったため、
ガルムは幻の調味料と呼ばれるようになりました。
それを再現しようと13世紀以後に
コラトゥーラディアリーチが登場しました。
こちらの商品は直系の子孫と位置づけられています。
スペインの最高のアンチョビーフィレと
イタリア 南イタリアの代表都市ナポリの
ドライトマトと焼きなすのをペースト状にします
パスタはキタッラを使いました
*パスタ キタッラ ロメインレタス アンチョビー コラトゥーラ風味
イタリア料理レシピ
ロメインレタスは
コスレタスとも呼ばれ、
一般的なレタスと同じ仲間ですが、
その中でも、葉が巻かず立った状態で成長する
「立ちチシャ」の一種です。
”ロメイン”というのは”ローマの”という意味です。
ローマ時代によく食べられたとか、
株は縦に長く、半結球です。
外見は白菜にも近く、
白菜とレタスを足して割ったような野菜です。
葉は比較的濃いグリーンでシャキシャキとしており、
炒め物などにも適しています
野菜のブロードで茹で
アンチョビーフィレと
コラトゥーラを振り入れ
深みのある風味が素敵です
パスタはハーキタッラ(断面が四角)を
使いました
*カリフラワー アンチョビー風味 パスタ コンキリエ
イタリアン料理レシピ
カリフラワーとアンチョビーがよく合います
ペペロンチーノオイルをを使い軽いピリ辛にします
ドライオレガノのスパイスが香りを添えます
パスタはアンチョビーソースによく合うコンキリエを
使用しました
*パスタ タリアッテレ グリーンアスパラ アンチョビー風味
イタリア料理レシピ
新鮮なグリーンアスパラの風味を
存分に味わえます
アンチョビーの隠れた味と塩気が
活きてきます
セミドライトマトの甘みが
味に深みを与えてくれます
パスタはタリアッテレを使いました

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    鰯の美味しさですね。アンチョビは製造過程で味も多少は違うのでしょう。
    チリメンジャコ、サイズごとに別の利用法、同じとは言えないとしても、それぞれの知恵がありそうです。

  2. misya より:

    こんにちは♪
    アンチョビから作られた調味料のことを
    コラトゥーラ・ガルムと言うんですね♪
    ナンプラーや魚醤のような感じでしょうか?
    うんうん、絶対パスタに合いますよね!
    シンプルで美味しい・・この言葉がぴったり♪
    たまりません♪
    おかわりしてしまいそうな勢いです^^

  3. きりまり より:

    ryujiさん、こんにちは!!
    なんて素敵なパスタなんでしょうか。
    アンチョビー大好きなので、たまりません。。
    \(^o^)/
    コラトゥーラ・ガルムというものがあるんですね。
    ご紹介くださり感謝!感謝!!
    それにしても美味しそうなパスタです。。
    夢にでてきそうです\(^o^)/

  4. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪
    アンチョビの塩っ気ってパスタに良いですよね~
    美味しそうです^^

  5. puffpuff より:

    美味しい調味料はほんの少しでぐっとお味が引き立つのでしょうね。
    使ってみたいです。

  6. amabilis より:

    ryuji_s1さん、おはようございます。
    いつも美味しいレシピとブログへのコメントをありがとうございます。
    コラトゥーラ・ガルムというものがあるのですね。
    初めて知りましたが
    パスタによく合い美味しそうです。
    以前、エスニック風にパスタを作った時
    予想外にナンプラーが馴染んだことを思い出しました。
    新しい調味料を紹介していただきありがとうございます。
    勉強になります。

  7. らるむ。 より:

    おはようございます。
    塩気と塩気の組み合わせですが、ほんの少しのガルムがいいアクセントになるんですよねー(´▽`*)
    塩味は苦手ですが、こういう塩気を重ねたパスタは大好きなんです♪
    応援☆☆

  8. siawasekun より:

    パスタ リングイネ アンチョビーとコラトゥーラ・ガルム、・・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。ぜひ、・・・・・・。
    いつも、拙い私のブログを見て、嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮です。
    応援ポチ♪♪(全)

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

パスタ キタッラ だだちゃ豆のクリームソース
豚フィレのトマトソース煮込み オリーブ添え
にんじんのスープ ナツメグ風味
鶏むね肉 オレンジソース煮込み
パスタ スパゲットォロ うすいえんどう・パンチェッタ
生ハムのコロッケ 水牛モッツアレラ入り
トロペアとアンチョビーのパスタ リングイネ カルム風味
ズッキーニ タイムの香りを添えて
パスタ リングイーネ ブルーベリー とブラータチーズ
パスタ スパゲッティ ボンゴレ・ビアンコ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。