イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,577、パスタのレシピ数は1585。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ キタッラ ポルチーニ リコッタスタジオナータ

      2014/12/18

イタリアン料理レシピ
フレッシュポルチーニを使います
香りが素晴らしいです
牛のブロードで煮込みソースにします
リコッタ スタジオナータをパスタにまぶし
混ぜ合わせ頂きます
パスタはキタッラを使いました
パスタ キタッラ ポルチーニ リコッタスタジオナータ
IMG_4205IMG_4206
メドーセージ
イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ キタッラ140g
リコッタ スタジオナータ100g
フレッシュポルチーニ100g
にんにく1片
エシャロット1片
白ワイン(辛口)20cc
牛のブロード80cc
オリーブオイル40cccc
パスタの茹でる塩

イタリア料理に使用する食材

Pasta Mancini (パスタ・マンチーニ) 社 「キタッラ」 2.0mm 500g
もう一皿食べたくなるパスタ!
小麦の旨味・甘味を実感でき、
モチモチとしながらもコシのある食感!

イタリア産フレッシュ ポルチーニ(航空便) 約200g
イタリアで採れた、
フレッシュポルチーニを空輸便で入荷後、
仕分けし、その日のうちに最短発送いたします。
農薬などを使わない天然のそのままのキノコですので、
大きさや形は大小さまざま。
虫食いやよごれなどもありますが、
お手元に届きましたら、
乾いた布や紙ナプキンなどできれいに
拭いて処理していただき、
調理してお召し上がりください。

『リコッタ スタジオナータ 約200g』
「PINNA社」から生まれた、
新たな表情を持つリコッタです。
<羊乳100%>のリコッタを加圧し、
しっかり固めています。
羊乳のほのかな甘みと塩気が、
お料理やおつまみに最適です♪
そして、フレッシュタイプのチーズでありながら、
賞味期限は「約1ヶ月」もあり、
焦らずにゆっくりとお召し上がりいただけます
こちらの商品はカットすると
ホロホロと崩れやすい特徴があります。

エシャロット
(ソースに、薬味に) 約250g

キスコ:HCQフォンドボー!
仔牛骨をコトコト煮込み一切化学調味料、
添加物を使用せず作り上げた
HOTEL CLASS QUALIT の製品です!【1kg】

ジャンカルロ・ジャンニーニ エクストラバージンオリーブオイル
製造者  Giancarlo Giannini
創業   1300年
生産地  イタリア トスカーナ州 アレッツォ県 アレッツォ市 ヴィピアーノ
品種   モライオロ種、レッチーノ種、フラントイオ種
収穫方法 手摘み
搾油温度 32℃以下(27℃平均)
容量   500CC
イタリア料理レシピ手順
1.ポルチーニは
  石突きをカットしクッキングペーパーなどで
  表面の汚れを丁寧に落とします
  刷毛でも良いです
  取り切れない所は、
  包丁で薄く削ぎます
  食べやすい大きさにカットします
2.にんにくは
  縦に二等分し中の芽の部分を
  綺麗に取り出します
  微塵切りにします
3.エシャロットは
  微塵切りにします
4.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
5.フライパンに
  オリーブオイルを入れにんにく・
  エシャロットを加えて弱火で丁寧に炒めます
  にんにくの香りが立ってきたら
  白ワインを加え中火にします
  牛のブロードを加えます
6.ポルチーニを
  加えて炒めます
7.火を止めて
  茹で上がったパスタの水を切り
  フライパンに入れます
  リコッタ スタジオナータを細かく砕いて
  入れ混ぜ合わせます
8.食器に盛り付けます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
ポルチーニ 関連
*海老とポルチーニのパスタ フェデリーニ
イタリアン料理レシピ
海老とポルチーニとのパスタです
あさりの出汁を白ワインで取り
それをソースとします
フルーツトマトとパセリが彩りを添えます
*乾燥ポルチーニソースのパスタ リングイネ
イタリア料理レシピ
丁寧に作ったトマトソース
ポルチーニソースを混ぜ合わせ
パスタのソースにします
パスタはソースの絡みの強い
リングイネを使いました
*乾燥ポルチーニ茸のパスタ タリアテッレ ポルチーニオイル
イタリア料理レシピ
乾燥ポルチーニ茸のパスタです
パスタは タリアッテッレを使いました
平たい麺です
乾燥ポルチーニは
ポルチーニのコンソメで戻します
ソースができあがったら
ポルチーニオイルを振り入れ
素敵なポルチーニの香りが
パスタからふっと広がります
*鶏手羽元と乾燥ポルチーニのラグー
イタリアン料理レシピ
鶏手羽元はコラーゲンがいっぱい
お肌にもうれしい食材です
ポルチーニの香りをいっぱい取り込んで
秋の香り豊かに味わえます
*パスタ フェットチーネ ポルチーニ ガルム風味
イタリア料理レシピ
ガルムとは
ナポリから南へ約40キロ
アマルフィ近郊のチェターラにある
小さな会社から作るコラトゥーラ(ガルム)です。
いまでも完全手作りで製造しています。
魚(カタクチイワシ)の内臓と頭を取り除き、
約6ヶ月間熟成させ塩蔵アンチョビに仕上げ、
袋に詰めてろ過します。
その工程を10回繰り返して出来た
純度の高いコラトゥーラです。

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. きりまり より:

    こんばんは!!
    フレッシュポルチーニを使うのですね。
    フレッシュポルチーニ、食べたことないですが
    素晴らしい香りを妄想中です。。
    今回はパスタ キタッラですね。
    ryujiさんのおかげで覚えました。
    食べてみたいなあと思い続けて、どのくらいたつでしょうか。。(笑)
    今日のレシピもお洒落で美味しそうです!!

  2. siawasekun より:

    パスタ キタッラ ポルチーニ リコッタスタジオナータ、・・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。ぜひ、・・・・・・。
    いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、恐縮、深謝しています。
    応援ポチ♪♪(全)

  3. らるむ。 より:

    おはようございます。
    ポルチーニのパスタは絶品ですよね(≧∇≦)
    いつも乾燥ばかりなので、フレッシュポルチーニを使ってみたいです。
    香りが画面から漂ってきそうです♪
    応援☆☆

  4. misya より:

    おはようございます♪
    昨夜はすみません^^;
    遊びにこれなくて・・・^^;
    おおお、フレッシュボルチー二♪
    中々口に入りません^^
    香が凄いのでしょうね~美味しそう♪
    夢のようなパスタ・・一度で良いから食べてみたいです^^
    いつも有難うございます・・感謝。

  5. amabilis より:

    ryuji_s1さん、こんにちは。
    いつも美味しいレシピとブログへのコメントをありがとうございます。
    フレッシュなポルチーニ
    私もいただいたことがありません。
    リストランテでも高級なご馳走になるのかしら、と想像しています。
    香りもコクも濃厚なパスタなのでしょう。
    いつかいただいてみたいです。

  6. kazuyoo60 より:

    ポルチーニ、物語に出てくるキノコの形ですね。可愛い姿です。フレッシュで空輸ですか。日本は世界の食材が集まるとは聞いてますが。

  7. イヴォンヌ より:

    ポルチーニを牛のブロードで煮たんですね。
    高級感があってすっごくおいしそう~♪

  8. patapataokan より:

    こんばんは!
    いつもありがとうございます。
    フレッシュボルチーニ、私も
    戴いたことがありません。
    香りのよいパスタ、ぜひ1度食べてみたいです。

コメントを残す

  関連記事

パスタ フジッローニ 生ウニ トマトソース風味
牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
パスタ スパゲッティ ペコリーノ トスカーナ リミタータチーズ
なすのパスタ キタラッラ ドライトマトペスト風味
活つタコの煮込み
パスタ スパゲッティ フレッシュトマトマリネ
パスタ タリアテッレ トマトソースとアンチョビー
カボチャとマスカルポーネのバスタ リングイネ
鶏の白子の水牛モッツアレラチーズとアンチョビーソース
スペアリブのコンフィ ラルド風味
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。