イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,691、パスタのレシピ数は1638。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ リングイネ なすとマッシュルーム

      2014/12/18

イタリアン料理レシピ
秋なすとマッシュルームを狐色に炒め
生クリームで煮込みます
それをソースとします
パスタはラーリングイネを使います
パスタ リングイネ なすとマッシュルーム
IMG_4219IMG_4220
イチゴの木の花 実
イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ リングイネ140g
なす1本
マッシュルーム12個
たまねぎ40g
生クリーム6個
パルミジャーノ・チーズ40g
オリーブオイル40g
適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

【88イタリア社】リングイネ 500g
イタリア・ミラノの新ブランド
私たちのパスタは、
高品質のパスタをご賞味頂けるように、
イタリア産デュラム小麦100%を原料とし、
ブロンズダイス(銅の抜型)を使用して製造しています。

茨城産 マッシュルーム 根付 約130g x5
茨城産 A品
東京都中央卸売市場(大田市場)から
新鮮な青果物を直送でお届け致します

自然の旨み♪なす(3本)
自然のうま味がギュッと詰まった絶品なすです。
アクが少ないので食べた後のすっきり感が違います。
まずは素焼きでどうぞ。そのほか肉みそ炒め、マーボナスも◎
もちろん煮浸しにしても漬物にしてもその存在感は変わりません

タカナシ生クリーム「特選北海道純生クリーム47」 200ml
商品紹介
「素材の味が料理を変える」をおうちで実感
ご家庭向けの小容量タイプ200ml

24ヶ月熟成 パルミジャーノ ・ レッジャーノ 約300g
24ヶ月熟成は
ジェンナーリの基本のパルミジャーノです。
技術的には難しいと言われる
脂肪分を多く残す作り方で、
いつまでも滑らかな味わいが特徴です。
固くならないのが、うれしいチーズです。
最後のひとかけまでおいしくお召し上がりいただけます。

ル・レッチェート・エクストラヴァージンオリーブオイル
【ノンナアンドシディー】【750ml】
トスカーナ産
イタリア料理レシピ手順
1.たまねぎは
  繊維にそって出来るだけ薄くスライスします
2.マッシュルームは
  石突きがあればカットします
  縦に二等分にします
3.なすは
  幅1cmの厚さの丸切りにします
  切り口に塩を振りかけ20分間置き
  アクと水気が出てきたら流水で洗い流し
  ペーパータオルで綺麗に水気を拭き取ります
  15mm角にカットします
4.フライパンに
  オリーブオイルを入れたまねぎを加えて
  弱火で炒めます
5.たまねぎか
  透明になりしんなりしてきたら
  なすとマッシュルームを加え
  中火で炒め狐色に焼き色を付けます
6.生クリームを入れ
  塩・ブラックペパーで味を調え
  蓋を閉めて弱火で10分間程度煮込みます
7.上記を煮込み初めてから4分たったら
  パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
8.パスタが
  茹で上がったらパスタの水気を切り
  フライパンに入れソースを絡めます
9.食器に盛り付け
  上にパルミジャーノ・チーズを振りかけます
10.パルミジャーノ・チーズを
   お好みの量をチーズおろし器で下ろし振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

18-0六面チーズオロシ

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
なす 関連
なすのリゾット
イタリアン料理レシピ
美味しいなすの風味をリゾットで味わえます
野菜のブロードで味に奥行きをあたら
腑りっしゅトマトの酸味と
水牛のモッツアレラで
さらに味わい深いリゾットになります
米はイタリア米を使用します
*パスタ ペンネ 焼きなす 満願寺唐辛子 シシリアンルージュスープ
イタリアン料理レシピ
シシリアンルージュ(ミニトマト)でスープを作ります
キュウリ・赤たまねぎ・赤ピーマン・にんにくオイルを
ミキシングし裏ごししてスープにします
焼きなすを作りペンネとオリーブオイルで
混ぜ合わせます
食器になすとペンネを盛りつけ
上に満願寺唐辛子を載せ飾ります
周りにトマトスープを入れます
*赤パプリカのなすのリピエーノ
イタリアン料理レシピ
リピエーノ(イタリア語:ripieno,
詰め物の事を言います
パプリカの甘みとなすがよく合います
塩漬けケッパーとバジルの香りが楽しめます
モッツアレラが溶け出しおいしいです
*パスタ キタッラ なすとパンチェッタ トマトソース
イタリア料理レシピ
なすとパンチェッタの風味が凄く合います
それに裏ごしした
なめらかなトマトソースを絡めます
パスタはキタッラを使いました
ピンクペパーが
可愛いです
*秋なすのfricassea フリカッセーア
イタリアン料理レシピ
伊fricassea フリカッセーアとは
フランスやイタリアの家庭料理で白い煮込み。
バター等の油でたまねぎをしんなりするまで炒め、
鶏肉や魚介類を加えて絡めて炒め、
ワインやブイヨン、ローリエを入れ、
煮立ったら生クリームを加えて作る料理である
秋なすのあくを抜き
無塩バターとオリーブオイルに
フレッシュトマト・パセリ・にんにくを加え
炒めます
出来あがり寸前に火を止め溶き卵を入れ
まぜ合わせます

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. amabilis より:

    ryuji_s1さん、おはようございます。
    いつも美味しいレシピとブログへのコメントをありがとうございます。
    いまの時期、平日はすっかりご無沙汰しております。
    美味しそうなパスタです。
    私もなすと生クリームの組み合わせはいただいたことがありません。
    存在感ありそうなので今度作ってみようと思います。

  2. kazuyoo60 より:

    イチゴノキの花、咲き始めましたか。早いですね。我が家のも何年か実って食べましたが、枯れてしまいました。11月末からが食べ頃でしょうか。

  3. イヴォンヌ より:

    秋なすとマッシュルームに生クリームのソースすっごくおいしそうですね~♪

  4. patapataokan より:

    私も茄子と生クリームって
    合わせたことがありませんでしたが
    美味しそうです。
    ぜひ1度食べてみたいです。

  5. 博士 より:

    こんばんは。
    パスタ リングイネ なすとマッシュルーム
    舌をかみそうな名前ですね。
    リングイネ!かなり高級なものですので、一度使ってみたいですね。

  6. きりまり より:

    ryujiさんこんにちは!!
    なすとマッシュルームのパスタ、大好きですが、
    なすとマッシュルームのクリームパスタなんですね。珍しくて、食べてみたいです。。
    とっても美味しそうです。。
    今回も素敵なレシピ、嬉しいです。
    うちにある材料でできそうですね。試してみたいですヽ(^。^)ノ

  7. おはようございます(*^_^*)
    今日のお料理
    とっても美味しそうですね!
    茄子の美味しさが伝わってきます。
    私も食べたくなっちゃいました!

  8. sarara より:

    ryujiさんへ
    ナスとマシュルーム
    どちらも大好きです!!
    たかなしの生クリームも大好き!
    ナスを生クリームと合わせたことがなかったのですが
    やってみたいです。
    素敵なレシピありがとうございます。

  9. らるむ。 より:

    おはようございます。
    茄子を使ったクリーム系のパスタは食べたことがない気がしてきました。
    これは一度作ってみないと!
    生キッタラの賞味期限が近いのも思い出しました。
    まだどのソースで食べるか決まってません^^;
    応援☆☆

  10. siawasekun より:

    パスタ リングイネ なすとマッシュルーム、・・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。ぜひ、・・・・・・。
    いつも、とても嬉しいコメント&応援ポチに、心より、恐縮、深謝です。
    応援ポチ♪♪(全)

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

パスタ トゥッフォリ カリフラワーとサルシッチャの煮込み
豚スペアリブとチェーチのミネストローネ
ファッロのサラダ仕立て
ワタリガニメスのスープ
パスタ バジルのスパゲッティ トマトの COTTURA クットウーラ
にんじんのポタージュスープ
冷製パスタ カッペリーニ フレッシュトマト
新たまねぎのripieno リピエーノ(詰め物)
菜の花のサラダ かんきつ はるかの風味
no image
自然に浸る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。