イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,580、パスタのレシピ数は1586。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ ブドウ風味のオレキエッテ マチェドニア

      2014/12/18

イタリアン料理レシピ
マチェドニア(イタリア語:Macedonia)は
いろいろな果物から構成された
フルーツサラダで、
フルーツポンチの様なデザートである
色々な果物を取り混ぜたデザートを
マチェドニアと呼ぶようになった時期が
18世紀末であるため、
実際はアレクサンドロス大王の
マケドニア王国の方を指している
レッキエッテ(イタリア語: Orecchiette)は、
イタリアのプッリャ州とバジリカータ州の
地域を代表する耳形のパスタである
その名の通り小さな「耳(orecchie)」に似た形をしている。
大きさは親指の約3/4くらいで、
小さな白いドームのようであり、
パスタの中央が薄いものも、表面が粗いものもある
ブドウのジュースを練り込んだオレキエッテを作ります
ブドウのジュースにグラニュー糖・プロセッコ(発泡酒)
を入れソースにします
デザートパスタです
パスタ ブドウ風味のオレキエッテ マチェドニア
IMG_4263IMG_4264
皇帝ダリア
イタリア料理に使用する食材2人分

オレキエッテ12個
薄力粉00タイプ1枚
スチューベン(ブドウ)ジュースで400cc
スチューベン(ブドウ)粒で10粒
グラニュー糖30g
ミントの葉2セット
プロセッコ・スーペリオー(発泡酒・白)100cc
オリーブオイル20cc
パスタの茹で用

イタリア料理に使用する食材

ファリーナ TIPO”00” コンフェツィオーネ
(イタリアの薄力粉タイプ)
ファリーナとはイタリアで小麦粉のこと。
その中で00番(ゼロゼロ番)は
一番精製度が高い小麦粉です。
主に生パスタ、ピッツァ、パン、
お菓子に使われています。
小麦の香りが強く最高の風味!

サンピエトロ・プロセッコ・スーペリオーレ
イタリアを代表するスパークリングワイン
「プロセッコ」は、
ヴェネト州の北部の「コネリアーノ村」と、
さらに内陸に行ったアルプスの山麓沿い手前に位置する
「ヴァルドッビアデーネ村」産が特に有名。
このワインは、
サンピエトロ・ディ・バロボッサの丘陵に
実る完熟ぶどうを丁寧に手摘みして造られる
こだわりのプロセッコ。
華やかな香りとフルーティーな味わいは
極めて繊細で、飲んだ者を魅了する印象的な一本。

【青森県産スチューベン ご家庭用】2kg(8~14房入り
熟成された青森県産スチューベンをお届けします!
糖度抜群でポリフェノールもたっぷり!

ミント 
1パック 国産 ハーブ

ル・レッチェート・エクストラヴァージンオリーブオイル
【ノンナアンドシディー】【750ml】
トスカーナ産
イタリア料理レシピ手順
1.ブドウ120gを
  ジュースにします
  ブドウはは皮をむき
  中の種をとりのぞきしぼり
  ジュースにします
  グラニュー糖を加え混ぜ合わせます
  プロセッコを加えます
  ブドウ10粒の皮をむき加えます
  冷蔵庫に入れ1時間ほど置き味をなじませます
2.ブドウto 200cのジュースをしぼります
  ブドウはは皮をむき
  中の種をとりのぞきしぼり
  小さなソースパンに入れ弱火にかけ
  1/2に煮詰めます
3.オレキエッテを作ります
  薄力粉250gに
  ブドウの煮詰めたジュース60cc・オリーブオイル20ccを
  少しずつ加え入れ
  混ぜ合わせます
  丸くまとめます
  綺麗にできあがったら
  ジップロックに入れ半日間寝かせます

たまごの代わりにブドウジュース・
オリーブオイルを入れ混ぜ合わせます
混ぜ合わせ方を参考にしてください

生地をのばし15mmの厚さにします
幅15mmにカットします
それを画面のようにした形作ります
4.オレキエッテは
  ソースパンにお湯を沸騰させ
  お湯の量の1%の塩を加えます
  オレキエッテを入れ浮いてきたら取り出します
  冷まします
5.スープ皿に
  ブドウのジュースと丸のままのブドウを入れます
  オレキエッテを加えます
  上にミントの葉を飾ります
  冷たし状態で頂きます
イタリア料理に使用する調理器具

ブラウン ミキサー/フードプロセッサー マルチクイック MQ775 #kd

Fissler]フィスラー プロコレクション ソースパン浅型 16cm

リチャードジノリ[Richard Ginori]ボンジョルノ・プルーン24cmスープ皿
ブドウ 関連
*パスタ コンキリオーニ (conchiglioni) ブドウ
イタリアン料理レシピ
パスタコンキリオーニは
大きな貝殻の形のパスタです
中に詰め物をすることが多いパスタです
白ブドウを無塩バター・カソナードでソースを作ります
形のあるブドウ12粒をパスタの中に入れます
リコッタチーズに粉糖を入れ混ぜ合わせ
スィーツの軽い甘みを演出します
甘いデザートパスタ料理です
*葡萄とマスカルポーネ、生ハム シェリー酒風味
イタリア料理レシピ
葡萄美味しい季節ですね、
スペインの甘口のシェリー酒でマリネしマスカルポーネと
を生ハムで巻いていただきます、
最後にブラックペパーをふりかけ ぴりっとした感触が
大人の味を演出します、
前菜に ドルチェとしても使えます、
*パスタ カッペリーニ 巨峰の冷製
イタリアン料理レシピ
巨峰の冷製パスタです
巨峰のリキュール
白ワインを使い大人のパスタに仕上げました
巨峰の旨みがタップリ味わえます
パスタは細いカッペリーニを使います
*巨峰のコンポートゼリー
イタリアン料理レシピ
巨峰のコンポートを作り
甘口のデザート白ワインをタップリ使います
その煮汁でゼリーを作ります
カクテルグラスにコンポートを入れ
ゼリーを上に乗せ冷やはます
オシャレなドルチェです
*エゾ鹿もも肉のロースト スチューベン(葡萄)のソース
イタリア料理レシピ
エゾシカ肉とても癖が無く美味しいです、
しかも柔らかいです、
低カロリーでダイエットにも
良い食材です、
甘いぶとうスチューベんがよく合います、
脂肪分が全く無いのでバター・生クリーム・
フォン・ド・ボー出こくを付けます

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. らるむ。 より:

    おはようございます。
    台風に負けず、皇帝ダリアが咲きましたね♪
    デザートパスタはまだ食べたことがないので体験してみたいです^^
    応援☆☆

  2. amabilis より:

    ryuji_s1さん、おはようございます。
    いつも美味しいレシピとブログへのコメントをありがとうございます。
    デザートパスタ、生地から作るのですね!
    葡萄など贅沢に使ったお洒落な一品
    とっておきの休日にいただいてみたいです。

  3. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪
    うわ~
    今度は葡萄風味ですか?
    いや~いつもいつもこちらへ来るたびに
    お料理は無限大だな~と感じます^^
    美味しそうです。

  4. こんにちは~
    今日も美味しそうですね!
    葡萄がいいですね~
    なんだか贅沢です!

  5. masakohime より:

    ぶどうをパスタ生地に練り込んで、ニョッキのような感じの仕上がりでしょうか!
    さらに葡萄のソースで。果物を使った本格的なパスタ、食べてみたです。

  6. kazuyoo60 より:

    フルーツサラダ、良いですね。フルーツ大好きです。野菜もです。
    ブドウジュースでパスタ、色々作られますね。

  7. イヴォンヌ より:

    ぶどう風味のデザートパスタなんておしゃれでおいしそうですね~♫

  8. マムチ より:

    こんばんわ~♪
    わぁ、葡萄を使ったデザートパスタなんですね♪
    とてもお洒落ですねっ^^v
    私も食べてみたいです♪
    ポチっ!!おうえーん*

  9. puffpuff より:

    ブドウジュースを練り込んだパスタなんですね~♪
    ぶどうたっぷりの贅沢マチェドニア、食べてみたいです^^
    手作りのオレキエッテ、すごく楽しそう!!
    作ってみたいと思います!

コメントを残す

  関連記事

カタクチイワシのローズマリー風味
パスタ パッケリ ズッキーニとアサリ
骨付きラムチョップ ヘーゼルナッツの衣揚げ
豚のほほ肉・肩ロースのラグーパスタ キタッラ
パスタ タリアッテレ カルボナーラ 白トリュフオイル
パスタ リングイネ カルボナーラ
水牛リコッタチーズ トマト パプリカのサラダ
じゃがいもとアンチョビーのミルフィーユ ロースト
シャインマスカットのカプレーゼ ブッラータ
新たまねぎのスープ 温度卵のせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。