イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,576、パスタのレシピ数は1584。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

スティックセニョールのボッタルガがけ

      2014/12/18

イタリアン料理レシピ
スティックセニョールとボッタルガの風身が良く合います
ボッタルガにイタリアンパセリ・フレッシュトマト
にんにく・バジルの葉・オリーブオイルを混ぜ合わせ
ソースにします
凄くおいしいです
スティックセニョールのボッタルガがけ
IMG_4312IMG_4313
ビオラ
イタリア料理に使用する食材2人分

スティックセニョール30g
ボッタルガ30g
レモン1/2個+1/2個
にんにく1片
バジルの葉少々
イタリアンパセリ1枝
フレッシュトマト1個
オリーブオイル30ccc
少々
ブラックペパー少々

イタリア料理に使用する食材

ボッタルガ ミディアム
絶妙な塩加減や熟成させたあとの出荷の頃合いなど、
ボッタルガ製造における各段階での様々な判断は、
マンカ兄弟が長年積み重ねた、
経験と知識によります。
塩気の感じられるアロマには、
アーモンドや麝香の香りが伴っており、
また、他のボッタルガにはないやわらかさがあります。

スティックセニョール
1束、150g前後、5~7本前後

エキストラバージン・オリーブオイル
「セグレート・メディテラーネオ (Segreto Mediterraneo)」
500
イタリア料理レシピ手順
1.ボッタルガは
  すり下ろして置きます
2.レモン1/2は
  しぼり汁を作ります
もう1/2個はスライス染ます
3.イタリアンパセリ・バジルの葉は
  みじん切りにします
4.にんにくは
  縦に二等分にし中の芽の部分を
  綺麗に取りだします
  みじん切りにします
5.トマトは
  へたを取りのぞき上部に十文字に切り目を入れ
  沸騰したお湯に入れ皮がめくれてきたら冷水に
  入れ皮を剥きます
  ペーパータオルで水気をしっかり拭き取ります
  横に二等分し中の種と柔らかい部分を取り出します
  みじん切りにとます
6.乳鉢またはすり鉢に
  ボッタルガ・レモン汁・イタリアンパセリ・バジル・
  にんにくを入れすりつぶします
7.塩・ブラクッペパーを
  振り入れまぜます
8.オリーブオイルを入れ
  混ぜ合わせます
9.スティックセニョールは
  下部の堅い部分は切り落とします
  フライパンにに
  水200ccを入れ
  塩を振りかけてふたをして3分間蒸し煮にします
  ざるに空け水気を切ります
  ペーパータオルで拭き取ります
10.食器に盛り付け
   上にソースを振りかけます
   レモンの輪切りを乗せます
イタリア料理に使用する調理器具

≪柳宗理≫ステンレスボール&ストレーナー 6点セット

18-0六面チーズオロシ

磁製乳鉢 300mm  乳棒付

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm
ボッタルガ 関連
*パスタ 太いスパゲッティ ウニと-ボッタルガ・卵黄
イタリアン料理レシピ
なすのおいしさをアピールするパスタ料理です
パンチェッタの塩気が加わり
すばらしい風味が味わえます
トマトソースは裏ごししてなめらかな
ソースにします
パスタは スパゲッティ2.2mmを使います
*キャベツとボッタルガのパスタ フェデリーニ ガルム風味
イタリアン料理レシピ
ガルムとは
イタリアの魚醬です
ナポリから40kmほど南のアマルフィ近くの
チェターラというところで作られています
製造方法はイワシの内臓と頭を取り
約半年間熟成させアンチョビに仕上げ
その後ろ過します
このろ過の工程を何度も繰り返すと
ようやく純度の高い旨み成分たっぷりの
琥珀色に輝くコラトゥーラの出来上がりです
一般の物のように魚臭くないのが
最大の特徴
塩分もまろやかで料理の味に
上品な旨みとコクを与えます
ソースに何かコクが足りないと
思った時にスプーン1杯程
使用するだけで驚くほどグンと味に深みが増します!
特にカラスミのパスタや
ペスカトーレビアンコ、ボンゴレなどの
魚介類のパスタに
又アクアパッツァなどのお料理の仕上げに最適です
パスタはフェデリーニ
細めのパスタを使いました
ボッタルガは
日本のからすみと同じです
ボラの卵を乾燥させた物です
イタリアにも日本と同じ食材があるのですね
*鮭 白子のソテー ボッタルガ添え
イタリアン料理レシピ
鮭の白子は
少し癖がありますが
下処理の仕方で癖を取り除きおいしくいただけます
白子のバターソテーにボッタルガが良く合います
レモンを搾ってかけてお召し上がり下さい
外側はカリッ中はジューシーです
*ハマグリと菜の花のパスタ スパゲッティボッタルガ風味
イタリア料理レシピ
おひな様が近づくとハマグリが
市場に出回り始めます
春の訪れをはまぐりの出汁と
菜の花の軽い苦み
ボッタルガの塩気が
素敵なハーモニーをつくりだします
*京都産赤唐辛子 満願寺唐辛子のパスタ リングイネ
イタリアン料理レシピ
京都産のグリーンの満願寺唐辛子と
真っ赤な赤唐辛子を区見合わせました
赤唐辛子は甘みがあり凄く美味し唐辛子です
この二つの塔がニー裸子の彩りが綺麗で
見た目も楽しめるパスタ料理になります
アンチョビーの風味が味に深みを与えています
ソースは凄くタンじゃんなオリーブオイルソースです
パスタはリングイネ(雀の舌)楕円の切り口のパスタを
使用します

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. るーママ より:

    こんにちは!
    またまた、おしゃれなお料理。
    すごく魅力的ですね。
    レシピ見ながら、お味の想像。
    楽しみました。
    ☆☆!!

  2. らるむ。 より:

    おはようございます。
    スティックセニョールをブロッコリーで代用し・・・といろいろ考えてるうちに、ブロッコリーの入ったトマトソースパスタが食べたくなってしまいました(笑)
    ボッタルガがアクセントですね♪
    応援☆☆

  3. kazuyoo60 より:

    数日前に買ったヤリイカ、とても美味しかったです。
    大きなボッタルガのようです。上手に加工されるのでしょう。
    ブロッコリーは、親類からもらって重宝しています。

  4. こんにちは。
    あたたかくて気持ちのいい一日ですね。
    カラスミ、実は意識して食べたことがないんですよ~。(知らずに口に入れたことはあるのかも!)
    想像すると旨味の塊のような感じなのかしら。
    買ってきて食べてみたい気持ちになりました!

  5. jugon より:

    ryuji s1さん、こんにちは
    白のビオラが可愛いです。
    今日のお料理は、いろんなお野菜でアレンジできそうな素敵なレシピですね。
    jugon の場合は、ボッタルガはパウダーで代用ですが(^^)

  6. イヴォンヌ より:

    茎ブロッコリーのことをスティックセニョールって言うんですね。
    ぼったるがと一緒でおいしそう♪

  7. patapataokan より:

    私もスティックセニョールって
    何かと思ってしまいました。
    茎ブロッコリーってあまり見かけませんが
    ブロッコリーでも代用できそうですね。
    とっても美味しそうなレシピ
    ありがとうございます。

  8. ソフィー より:

    茎ブロッコリーって滅多に使わないのですが、スティックセニョールっていうんですね。セニョールってスパニッシュの男性の意味から来てるのでしょうか?スティックは英語ですね。今度見つけたら、アメリカでは何と呼んでいるのか見てみようと思います。カラスミも普通は見かけないので、それのイタリア版がボッタルガというのも初めて知りました。今度もまた勉強させてもらいました。ありがとうございます。

コメントを残す

  関連記事

パスタ フジッリ(ロングパスタ) そらまめ カチョ・エ・ぺぺ
水牛のモッツアレラとトマトソースのパスタ フジッリ
パスタ ペンネ 4 種のチーズのクリームソース
トマトのスープ ブルーベリー乗せ
パスタ キタッラ 黒マイタケのブロード
桃のマリネリコッタチーズ添え
水郷鶏もも肉のソテー ジャガイモ添え
下仁田ネギのココット 卵のせ
ポレンタとスナップエンドウのスープ
水なすとトマトのサラダ パルミジャーノ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。