イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,690、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ほうれん草の タリアッテレのロースト

      2014/12/18

イタリアン料理レシピ
ほうれん草をたっぶり練り込んだ
タリアッテレを使います
ほうれん草を茹でソテーし
グラタン更に
タリアッテレ・ほうれん草。バルミジャーノを
三層に重ねオーブンでローストします
ほうれん草の タリアッテレのロースト
IMG_4318IMG_4319
紫陽花
イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ ほうれん草のタリアテッレ2 個
無塩バター30g+10g+適量
ほうれん草300g
たまねぎ1/2個
パルミジャーノチーズ60g
生クリーム100cc
岩塩適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

ほうれん草のタリアテッレ
名称 乾燥パスタ(ほうれん草)
原材料名 糸島産小麦粉、卵、ほうれん草、食塩
内容量 50g

有機JAS認定  奈良・兵庫県産 ほうれん草150g
無化学農薬/無化学肥料/有機栽培/国産/西日本/オーガニック

無塩 バター 250g フランス ノルマンディー産 イズニー Isigni AOP
ノルマンディーの大自然で作られるイズニーのバターは、
新鮮なハーブを餌と出来る環境があり、
ストレスを最も少ない放牧から育つ乳牛から作られます。
その色は黄色に輝きコクのある風味が特徴です。

熟成 パルミジャーノ ・ レッジャーノ 約300g ジェンナーリ
24ヶ月熟成はジェンナーリの基本のパルミジャーノです。
技術的には難しいと言われる脂肪分を多く残す作り方で、
いつまでも滑らかな味わいが特徴です。
固くならないのが、うれしいチーズです。
最後のひとかけまでおいしくお召し上がりいただけます。
【原産国】イタリア(パルマ県コッレッキオ)

タカナシ生クリーム「特選北海道純生クリーム47」 200ml
「素材の味が料理を変える」をおうちで実感l
ご家庭向けの小容量タイプ200ml l
イタリア料理レシピ手順
1.パルミジャーノは
  すり下ろして置きます
2.ほうれん草を
  流水で洗い
  水気を付けたままフライパンに入れ
  柔らかくなるまで中火で5分間炒め煮します
3.ほうれん草が
  柔らかくなったら取り出し
  ペーパータオルで包み込むようにして
  水気を拭き取ります
  ほうれん草を3cm幅にカットします
4.たまねぎは
  繊維にそって出来るだけ薄くスライスします
5.フライパンに
  無塩バター30gを入れ中火で溶かし
  バターが泡だってきたらたまねぎを入れ
  たまねぎが透明なるまで弱火で丁寧に炒めます
  弱火でほうれん草を入れ5分間炒めます
  塩・ブラックペーパーを振り入れます
  パルミジャーノ30gを振り入れ混ぜ合わせます
6.グラタン皿の内側に
  無塩バターを塗ります
7.オーブンを
  200℃に設定し余熱しておきます
8.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  3分間茹でます
9.茹で上がったら
  パスタの水気を切ります
  フライパンに入れ無塩バター10gを入れ
  混ぜ合わせます
10.グラタン皿に
   タリアッテレ1/3を入れ上にほうれん草1/3を
   バルミジャーノ1/3を振りかけます
   それをあと2回繰り返し重ねます
   最後のパルミジャーノを振りかける前に
   上に生クリームを廻しかけます
11.オーブンに入れ
   10分間ローストしチーズに軽く
   焼き色を付けます
12.そのままテーブルに乗せ
   取り分けます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

シェーンバルド オーバルグラタン皿 3011-44W ホワイト
ほうれん草 関連
*パスタ ほうれん草のタリアテッレ牛すね肉ラグー ハーブ風味
イタリアン料理レシピ
コラーゲンタップリの牛すじ肉を
香味野菜・ハーブ・クローブ・ねずの実・赤ワインで
3時間煮込み柔らかくします
パスタはほうれん草を練り込んだタリアッテレを使います
*ほうれん草のソース 温度たまご乗せ
イタリアン料理レシピ
ほうれん草のソースです
無塩バターと牛乳で煮込んだ
コクのあるソースに
温度タマゴを載せ飾ります
かき混ぜていただきます
*ほうれん草ソース  パスタ  ほうれん草のルオーテ
イタリアン料理レシピ
新鮮なほうれん草を丸ごと味わいます
根っこまで使います
根っこの甘みと土臭い風味が
何ともいえません
1把はペーストにしもう一把は炒めます
パスタはほうれん草のルオーテ を使います
ショートパスタですほうれんそうが
たっぷり練り込まれた
グリーンのパスタです
丸い形のタイヤのホイールのような形のパスタで
す ソースの絡みが強くもちもち感があり
しっかりした歯ごたえを楽しめます
*ポレンタとほうれん草のスープ
イタリアン料理レシピ
ポレンタは トウモロコシの粉です
鶏のブロード・にんにく・パンチェッタ・タマネギで
味に深みを持たせたスープにほうれん草を加えました
ほうれん草の甘みが浮き出します
*マグロとほうれん草のパスタ ストロッツァプレティ
イタリア料理レシピ
ほうれん草の甘み
マグロのうまみが
パスタに絡んで
素敵な風味を味わえます
パスタはショートパスタ
ねじれていてソースの絡みがいい
ストロッツァプレティをつかいます

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. タヌ子 より:

    このレシピ、パスタを作り過ぎてしまったときにも重宝しますね。
    これからが旬のほうれん草。
    沢山食べて寒い冬を乗り切りたいです。

  2. sarara より:

    ryujiさんへ
    三層に重なったほうれん草のパスタ!
    とっても美味しそうです♪
    暖まりそうですね

  3. hokkoricafe より:

    タリアテッレ、大好きです。
    牛すねでのラグーはとっても美味しそうですね。
    ほうれん草の緑といい、色鮮やかで食欲がそそられちゃいます!

  4. イヴォンヌ より:

    ほうれん草を練りこんだパスタにほうれん草おいしそうなメニューですね~♪

  5. misya より:

    こんばんは♪
    いつも有難うございます^^
    ほうれん草、美味しい季節ですね^^
    タリアッテレとほうれん草とバルミジャーノの3層♪
    魅力的な3層・・・とっても美味しそうです♪
    お色も綺麗ですね♪
    おもてなしにも最高♪

  6. こんばんは。
    いつもブログにコメントをくださりありがとうございます。
    ほうれん草の持ち味が活きている素敵なお料理ですね!!
    とても美味しそうです。
    私も作ってみます。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  7. kazuyoo60 より:

    随分と手の込んだ料理です。お客さんが来られた時にも良さそうですね。

  8. masakohime より:

    ほうれん草が美味しい季節になりました。ほうれん草のタリアッテレとたっぷりのほうれん草とパルミジャーノを重ねて、ほうれん草のラザーニアのようです♪
    ワインと一緒に、これは堪能してみたいお料理です。いつも素敵なレシピをありがとうございます。

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

牡蛎のオリーブオイル漬け ガルム風味
パスタ スパゲッテーニ しらす パルミジャーノチーズ
下仁田ネギのゴルゴンゾーラ・ドルチェ風味
生ハムのコロッケ 水牛モッツアレラ入り
豚すね肉 バルサミコ風味
レンズ豆とサルシッチのシチュー
パスタ コンキリオーニ 甘エピ詰め エピのソース
パスタ タリアテッレ ポルチーニ茸と栗のクリームソース
ラムチョップ アーモンドの衣揚げ
パスタ リングイネ スルメイカ イカ墨ソースシシリアンルージュ添え
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。