イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,688、パスタのレシピ数は1636。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ビーツのグラタン

      2014/12/18

イタリアン料理レシピ

ビーツは
地中海沿岸が原産とされるアカザ科フダンソウ属の根菜です。
砂糖の原料に使われる甜菜(テンサイ)と同じ仲間にあたり、
ショ糖を多く含んでいるので野菜の中では
かなり甘い部類にはいります。
飲む輸血と表される通り、リン、ナトリウム、
マグネシウム、カルシウム、鉄、カリウム、が
豊富に含まれており、
ビタミンA、C、ナイアシン、ビオチン、
そして食物繊維も豊富に含有されています
ビーツのグラタン
IMG_4312IMG_4313
ビオラ

イタリア料理に使用する食材2人分

ビーツ(中身のみの分量)300g
ベシャメルソース300cc
無塩バターグラタン皿に塗る適量
にんにく1片
岩塩適量

イタリア料理に使用する食材


赤ビーツ テーブルビート ベトラブ ビーツ1kg フレッシュビーツ
最近では赤い色素の「ベタシアニン」という
成分に抗酸化作用があるとされジ
ュースの材料などにも使用されています。
フレンチやイタリアンなどでは
いろいろな形で使われています。

無塩 バター 250g フランス ノルマンディー産 イズニー Isigni AOP
ノルマンディーの大自然で作られるイズニーのバターは、
新鮮なハーブを餌と出来る環境があり、
ストレスを最も少ない放牧から育つ乳牛から作られます。
その色は黄色に輝きコクのある風味が特徴です。

業務用 ベシャメルソースNZ ロイヤルシェフ
(キスコ)【冷凍食品】
ニュージーランド産の牛乳・バター・生クリーム・
バターで作りました。
NZだからこその甘みと美味しさをお試しください。
イタリア料理レシピ手順
1.ベシャメルソースは
  冷凍ですので室温で解凍します
  小さなソースパンに入れ弱火で温めます
  味を見て塩を振り入れ味を調えます
2.ビーツは
  流水で良く洗い流し汚れを落とします
3.使う分量分を輪切りにします
  皮を厚めに剥きます
  厚さ3mmにスライスにします
  四等分にします
4.グラタン皿の内側に
  無塩バターを塗り付けます
5.スライスしたビーツを並べます
6.温めておいたベシャメルソースを
  上にかけます
7.オーブンを
  180℃に余熱して置き
  その中に入れます
8.表面がフツフツとしてきたらOKです
9.そのまま食卓に載せ
  取り皿で頂きます

イタリア料理に使用する調理器具


フィスラー ソースパン14CM

シェーンバルド オーバルグラタン皿 3011-44W ホワイト
ビーツ 関連
*ビーツのサルシッチャ煮込み
イタリアン料理レシピ
ビーツはすごく体にいい要素を
沢山含んでいる野菜です
そのスープにサルシッチャの風味を加えます
簡単にできる素適なスープ料理です
*真っ赤なビーツとじゃがいものスープ
イタリア料理レシピ
ビーツは
ホウレン草と同じアカザ科で、サトウダイコン(テンサイ)
の仲間にあたります、、
日本では濃紅色種が多いです、
もちろん白い色のものもあります、
ビーツは、ビタミンA、C、ナイアシン、ビオチン、リン、
ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、カリウムが豊富で、
その上食物繊維も豊富に含まれていいて、
食べることにより、免疫力を高め、整腸作用、
便秘解消、貧血予防などの効果もあるとされ素晴らしい野菜です、
*ポルチーニ・ピスタチオ・ビーツのパスタ ペンネ
イタリア料理レシピ
ポルチーニの香りが楽しめます、
ビーツはペースト状にしてデキストリンを入れゲル状にし
ローストしてサクサク感を出し飾りに使います、
キストリンとは純度97%以上の北海道産の
じゃが芋から抽出したものです、
難消化性です、環状オリゴ糖です、
水分と結合するとゲル状にになります、
パスタ ペンネはリガート(筋がはいっている)
ものを使います、
*ビーツとゴルゴンゾーラ・ピカンテ パスタ キタッラ
イタリアン料理レシピ
ビーツ 真っ赤なきれいな色のソースが
パスタに絡みます
ゴルゴンゾーラの塩気と香りコクがたまりません
パスタは断面が4角のキタッラを使います

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. misya より:

    こんばんは♪
    いつも有難うございます^^
    ビーツ♪
    あの赤い色は栄養一杯含んでたんですね^^
    飲む輸血・・なるほどです^^
    女性の強い味方♪
    いっぱい摂りたいその栄養^^
    ビーツ・・グラタンって目からうろこです♪
    とっても美味しそうです♪

  2. patapataokan より:

    ビーツ、私も興味があるんですが
    見たことがありません。
    凄く栄養もあるんですね。
    見た目も色鮮やかでクリスマスに
    ピッタリなグラタンですね。

  3. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪
    うわ~
    色鮮やかなグラタンは ビーツなんですね。
    世の中にはまだまだ知らない食材があるな。
    ビーツはまだ食べたことがないです。
    クリスマスにぴったりのグラタンって感じですね^^
    美味しそうです。
    >パスタ お恥ずかしいかぎりです^^;

  4. kazuyoo60 より:

    赤くて綺麗ですね。ビーツ、出会ってない気がします。
    煮込んだら美味しいのですね。

  5. 庭乃桃 より:

    おはようございます。
    ビーツのグラタン、これはまたおいしそうな素敵なレシピですね♪
    ベシャメルソースと合わせるとピンク色になるのでしょうか。なんとも美しいですね。
    ビーツの甘みとほっくり感、グラタンにも本当に良く合いそうです。
    いつも感謝☆

  6. らるむ。 より:

    おはようございます。
    ビーツにすごく興味があるんですが、まだ実物を見たことがありません。
    かなり体によいそうですよね。
    応援☆☆

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

燻製アンチョビーのパスタ スパゲッティ
パスタ リングイネ ブラックオリーブ・アンチョビー・ケッパー
パスタ キタッラ いわし ドライトマトソース
パスタ メッツェマニケ くるみとゴルゴンゾーラのソース
ホタテとどゃがいもの ゴルゴンゾーラのパスタ スパゲッティーニ 
鶏もも肉のロースト オレンジ風味
パスタ キタッラ 鮎と糸うりのジェノベーゼ
サン・マリノ共和国 レストラン 4 Ritrovo dei Lavoratorir 
パスタ リングイネ そら豆のカーチョ・エ・ペペ
パスタ リガトーニ アスパラと鶏肉のブールマニエ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。