イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,636、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

月山そばパスタ フェットチーネ鹿肉のラグー

      2014/12/18

イタリアン料理レシピ

山形の月山で作られたそば粉のフェットチーネです
エゾシカ肉のもも肉を使います
香味野菜 たまねぎ・にんじん・セロリの微塵切りを
丁寧に炒めソフリットを作ります
イタリアの調味料で味にコクが出ます
それにハーブ/スパイスを加え更に炒めます
鹿肉を炒めて加え
赤ワイン・マルサラ酒を注ぎ入れ
90分間煮込みます
これをパスタのソースにします
月山そばパスタ フェットチーネ鹿肉のラグー
IMG_4344IMG_4345
アリッサム

イタリア料理に使用する食材2人分

月山そばパスタ フェットチーネ100g
エゾシカ肉300g
たまねぎ50g
にんじん30g
セロリ30g
ローズマリー1枝
セージ1枚
タイム1枝
ネズの実(ジュニパーベリー)3粒
赤ワイン300cc
マルサラ酒30cc
クローブ2粒
オリーブオイル20cc
岩塩適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材


玉谷製麺所/月山そばパスタ フェットチーネ 5袋入り(10食分)
【 デュラム小麦 蕎麦 スパゲッティ― 乾麺 】
こだわりの地元食材を使用した、
モチモチ食感の月山そばパスタ フェットチーネ
長時間熟成と低温乾燥の職人技が光る、
ヘルシーで身体にやさしいパスタです

エゾ鹿 北海道産 モモ(内モモ) 1Kg
ブランド名 函館まいばら
エゾシカ肉のおいしさの決め手は、
食肉処理の過程で決まります。
短時間での血抜きし、
更にお肉の温度を下げる事が重要になりますが
、これは推奨処理場までの流通ルートが確保されてない限り、
安心安全でおいしいシカ肉を提供することはできません。
当社は、安心で安全でおいしいシカ肉を提供する為に
エゾシカの捕獲から精肉に処理し、
飲食店の卸業務まで全て自社で一貫して行っております。

ローズマリー 15g フレッシュハーブ 
食用 和歌山県産

タイムフレッシュハーブ 15g 
食用 和歌山県産

セージ フレッシュハーブ 15g 
食用 和歌山県産

070ジュニパーベリー(Juniper Berry)ガラスチューブパッケージ 10g入り
● 味・・・・・香ばしく、フルーツのような甘めの強い香り
ジュニパーベリーはヨーロッパ原産のヒノキ科の常緑針葉樹、
ねずの実。
ハムやベーコンを作るときにペパーなどと共に
ソミュール(漬け込み液)に入れると
素材の味を引き出してくれるので
独特の香りをお楽しみください。
原産国:クロアチア

マスコットクローブ20g/マスコット/クローブ(丁香)
エキゾチックで刺激的な香味のスパイスです。(和名:丁子)

コヴィタル
マルサラ DOC スペリオーレ・オールド・マルサラ ガリバルディ ドルチェ
マルサラ酒は、
イタリアのシチリア島で作られている、
発酵後にブランデーを添加した、酒精強化ワイン。
マルサラとは、アラビア語で“神の港”を意味しています。
1773年、イギリスの商人
ジョン・ウッドハウスがシチリアの港町・マルサラで、
輸出に耐えるようなワインを作ろうとしたことが
その起源だといわれており、
その当時酒精強化ワインでポピュラーだった
マディラ酒をまねて造ったものだといわれています。

サンミケーレ社製『ラウデミオ』
有機栽培エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル【500ml】
イタリア/トスカーナ産:オーガニック認定
下記の続きを読むをクリックしてください
詳しいレシピがご覧いただけます

イタリア料理レシピ手順

1.ハーブ・パイスは
  *ローズマリーは
  葉のみを微塵切りにします
  *タイムは
  葉のみをみじん切りにします
  *セージは
  そのままで入れます
  *ネズの実は
  そのままで入れます
  *クローブは
  みじんに刻んで入れます
2.たまねぎ・にんじん/セロリは
  みじん切りにしまず
  ソースパンに入れ弱火で丁寧に炒めます
  30分間は炒めます
  途中焦げ付かないように木べらで鍋底を
  こすげるようにして炒めます
  これをソフリット言います
  イタリアの調味料です
  味に奥行きとコクがでます
  これにスパイス・ハーブを加え
  更に10分間弱火で炒めます
  水を50cc加え混ぜます
3.鹿肉は
  2cm角にカットます
  薄力粉を軽くまぶします
4.フライパンに
  オリーブオイルわ入れ中火にして鹿肉を加え
  塩・ブラックペパーをを軽く振り入れます
5.炒めた鹿肉を
  ソースパンに入れ
  赤ワイン・/マルサラ酒を加え
  中火にしてアルコール分を飛ばします
  アクを取りのぞきながら90分煮込みます
6.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
7.パスタが
  茹で上がった水気を切り
  ソースパンに入れ
  ソースを絡めます
  
8.食器に盛り付けます

イタリア料理に使用する調理器具


フィスラー ジャパン ソースパン浅型20cm

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
鹿肉 関連
*鹿肉ロースのラグー パスタ パルデッレ
イタリア料理レシピ
秋も深まりジビエの季節です
一度はジビエを味わいませんか
鹿のロース肉を使います
500gのブロックを使いますが
仕上がりのグラム数は300g以下になります
トロトロになりソースに溶け込んでいます
スーゴ・ディ・カルネは
フォンドボーのことです
コクのあるソースを作ります
ソフリットイタリアの調味料をしっかり
入れコクと味に奥行きを与えます
たまねぎ・にんじん・セロリを丁寧に炒め
しっかり水分を飛ばしたものです
赤ワインをたっぷり使い
チョコレート(カカオ70%)を入れ
鹿肉の臭み取り除きます
パスタはパルデッレを使います
すごく幅の広いパスタです
かみ応えがあり味の強い
ジビエによく合います
*鹿肉のカルパッチョ
イタリア料理レシピ
国内の野生の鹿肉です、
赤身で柔らかく甘みがあって
とても美味しく頂けます。
*エゾ鹿もも肉のロースト スチューベン(葡萄)のソース
イタリア料理レシピ
エゾシカ肉とても癖が無く美味しいです、
しかも柔らかいです、
低カロリーでダイエットにも
良い食材です、
甘いぶとうスチューベんがよく合います、
脂肪分が全く無いのでバター・生クリーム・
フォン・ド・ボー出こくを付けます、

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. らるむ。 より:

    おはようございます。
    馬肉とか好きなので、この料理も食べてみたいです。
    エゾ鹿はクセがあるんでしたっけ?
    これだけハーブ類が入れば気にならずに美味しいソースになりますね♪
    応援☆☆

  2. sarara より:

    そば粉のフィットチーネ、おいしそうですね~
    鹿肉のラグーソースも美味しそうです♪
    冬の
    クリスマスのレシピって感じがします!

  3. masamekohime より:

    こんにちは。
    蝦夷鹿を、沢山のハーブ、赤ワイン、マサラ酒と一緒に2時かん近く煮込むとトロロのラグーに仕上がるのでしょうか?
    合わせたそば粉のパスタが、蝦夷鹿ととてもよいマッチングなのでしょうね~

  4. kazuyoo60 より:

    コモンセージですね。大昔に作りました。
    大量捕獲はまだなのでしょう。森林を保護するためにも頭数を減らさないとなのでしょう。本州の野生鹿もと聞いています。猟師さんが減って猟師になる方が少ないそうですね。
    流通して手に入るなら、エゾシカの肉、1度は味見したいと思います。

  5. こんにちは~
    今日もとっても美味しそうなお料理ですね
    是非食べてみたいです\(^o^)/

  6. キミコ より:

    こんにちわ
    いつもながらに思いつかないお料理を見せて頂き有難いです
    ジェニパーベリー・・・買ったものの未だ試していません
    参考になりました 考えてみます○┓ペコ

  7. puffpuff より:

    何だかワイルドなお料理な気がします!
    寒い季節にはぴったりなお料理ですね。
    蝦夷しか、食べてみたいです!
    ジェニバーベリーって何?何何々???
    すっごく気になります!!^^

  8. マムチ より:

    こんばんわ~♪
    そば粉のフェットチーネ、初めて知りました!
    いったいどんな味なのか・・
    とても気になります^^
    いつも楽しいレシピをありがとうございます♪
    ポチっ!!おうえーん*

  9. イヴォンヌ より:

    月山のそば粉のフェットチーネに鹿肉のラグー最高においしそうですね~♪

  10. misya より:

    こんばんは♪
    今蕎麦パスタ結構あちこちで見かけるようになりましたね^^
    ブームなのでしょうか?
    そば粉のフェットチーネ♪
    なんとも美味しそうです♪
    鹿肉というところが良いですね^^
    いつも有難うございます^^

コメントを残す

  関連記事

カボチャのニョッキ トマトソースパッサーダ
白パンと卵のスープ パルミジャーノ風味
赤いカリフラワー ゴルゴンゾーラ風味
パスタ スパゲッティ カリフラワーとツナ
栗のニョッキ 栗の花の蜂蜜 バニラソース
鶏むね肉 たまねき炒め バルサミコソース
しらうおのフリッター
牡蛎のオリーブオイル漬け ガルム風味
燻製 カチョカヴァロチーズのソテーアンチョビーソース風味
フレッシュトマトのパスタ  キタッラ オレガノ風味